尾尻教室

2017年10月 8日 (日)

10/7(土)門下生発表会 終わりました

2017年10月7日(土)、2年に一度の尾尻教室門下生”大”発表会が行われました。

Kimg0509場所は例年通り、軽井沢の大賀ホール
客席は1階
部分だけでも660席ありギターソロにしては大きめのホールですが、音響が良いため後ろの席でも音は十分に聴こえます。
演奏していても自分の音がしっかり聴こえ、妙な反響もなく、気持ち良く弾けるホールです。

朝までの雨も止み、ホールの周辺はしっとりと秋模様です。

午前中はリハをしたり楽屋で練習したり、お昼を食べたりでまったりと過ごし、午後1時開演です。
今回は18組の演奏+最後に尾尻先生とヴァイオリニストの方の客演がありました。
いつもより参加者が若干少なめでした
。残念!

各楽屋の様子

Dscf4934Dscf4935Dscf4933


Dscf4939_2←本番は師匠のあいさつから。

発表会前半はソロ11名と、ギターとヴァイオリンの親子の方のデュオ、後半はデュオ3組と4~5人のアンサンブル3組でした。
アンサンブルが多く、これもまた楽しいです。
皆さん日頃の練習の成果が出せたり、出せなかったり、だったと思いますが、真摯に曲に取り組んでいることがよくわかる演奏でした。
1時から5時終演まではあっという間でした。

演奏の様子を少しだけ載せます。

20171007_110306_17420171007_121933_202Dscf4943_2



←写真左から、東京のIさん、発表会皆勤賞です。ラスゲヤードのきれいなセビリャ幻想曲でした。
音楽村カルテット(朝の部)のみなさん。お手製の素敵なギターを使っている方もいらっしゃいます。
フォルティアデュオはイギリス組曲全曲を熱演。なかなか難しい曲ですね。


響きが良いのはこの天井に秘密があるのかも???五角形の客席も素敵です。 


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Dscf4936Img_0015写真左…受付嬢と受付製作家、色々と裏方をして頂きありがとうございました。

写真右…Poran さんが私の写真を撮って下さったのでたまには載せようかな…と。
まだまだ練習段階のタレガ「椿姫の主題による幻想曲」を弾きました。なんとか止まらなかったけれどキズ多し。

小学生から後期高齢者の方まで、それぞれの音楽をそれぞれに楽しんで表現していました。

発表会の最後は尾尻雅弘先生とヴァイオリニスト天野亮子さんのデュオによるピアソラ「タンゴの歴史~ナイトクラブ1960」
アンコールにピアソラ「タンティ・アンニ・プリマ」も!!感激でした

20171007_163752_737

終演後は大賀ホールラウンジで打ち上げです。
こまごまと準備をして頂いたA型の尾尻先生、ありがとうございました。
またベテラン熟女の先輩諸姉の皆様もお世話になりました。楽しい打ち上げでした。

Dscf4944Dscf4945_2


門下生が一堂に顔を合わす機会は2年に一度。大変貴重です。

皆さんが同じ方向を向いて練習をしている感じがしました。次はもっと良い演奏ができるよう頑張らなきゃsign03

我が家から軽井沢に行くには、途中で山を越え、長い裾野を通って行きます。紅葉が始まっていましたmaple。これからひと月、本当に美しい信州となります。
みなさん、ギターを持って遊びにおいで下さいね。

2015年9月28日 (月)

9/26「尾尻雅弘presentsマラソン大発表会」終わりました

Dscf44222015.9.26(土)軽井沢大賀ホールにて尾尻雅弘門下生等による発表会がありました。

この日は薄曇り、朝8時に家を出て、紅葉がすでに始まった白樺湖、女神湖を通り、稲刈り前の黄金色の佐久平を通り、軽井沢まで2時間のドライブですrvcar。10時に到着。

←大賀ホールは軽井沢駅の近くにあります。今年は開館10周年とのこと。響きの良いホールです。

通用口から入るとすぐに今日のプログラムが置いてありました。これを見て初めて知る今日の全貌。12:00開始、16:45終演予定、プログラムの頭には 尾尻雅弘presents マラソン大発表会 とありました。尾尻教室の発表会は2年ごと、ちょうどいい感じのインターバルで行われています。次回はトライアスロン発表会になるのでしょうか…。

楽屋に入って準備をしたり、2年ぶりにお会いする方々と歓談したり、それからリハーサルです。リハーサルは希望者のみ、なので、時間通りに終わり、12時に開演。

Dscf4427Dscf4429開演に当たり尾尻先生のご挨拶。続いて1番目、小さな男の子の演奏。しっかり弾いていました。

1部は12人のソロ演奏です。
今回初めて出演のかた、ベテランのかた、鉄弦で参加の方など皆さんのまっすぐな演奏は聴いていて気持ちがよいです。

長野県内の軽井沢、上田、長野市、安曇野市からの参加者が多い中、東京から新幹線でお越しの生徒さん池田さんの写真↙と、本番中の舞台裏の様子。楽しいMCはリッチーさんです。自分の演奏は力量不足でした。終わって楽屋に戻ると良く見知ったお二人が楽屋で練習中でした。
大賀ホールは楽屋の数も多く、ゆっくり練習できます。

Dscf4432Dscf4435Dscf4436

Dscf4437_2Dscf44392部はアンサンブルが7組。
デュオから5重奏までありました。どの組もしっかりとした演奏で楽しく聴きました。

アンサンブルはよいですね。ほっとします。

(右)リッチーさんと尾尻先生のネイバーデュオ。
アール・クルーの曲をおしゃれに楽しげに弾いていらっしゃいました。お二人の間合いもぴったり。

3部はソロが9名。今回初参加のフォルティア教室3Bachトリオの写真です↓。3人3様のバッハでした。
Dscf4442Dscf4443Dscf4444

今回は角圭司さんのゲスト演奏が最後にありました。
トローバの「ソナチネ」と「花」(上野まな)を弾いてくださいました。
輪郭のはっきりとした響きとやわらかさ、スピードと緩やかさ、すばらしい演奏でした。
翌日は角教室の発表会とのこと。お忙しい中、演奏にお越し頂きありがとうございました。
Dscf4446Dscf4447Dscf4448


今回は角さんの生徒さんお二人にもご参加頂き、すばらしい演奏を披露していただきました。ありがとうございました。またどこかでお会い致しましょうね。

5時間の発表会も楽しいのであっという間でした。終了後皆さんは軽井沢駅前での打ち上げに行かれたようですが、私は参加せず帰りました。山道を明るいうちに通りたかったのですが、すでに真っ暗。しかも途中濃い霧で10m先も見えず、車も通らず、鹿capricornusしかいない。なんとか遭難せずに茅野市に到着。

Dscf4453_2ちょうどこの日は茅野市北山のPaul's Kitchen で弾き回し会が行われていました。
情報交換会にだけ顔を出しました。
ここでの食事と皆さんとのお話もまた楽しかったです。

たのしい一日でしたhappy01
次回2年後の大発表会ではもう少し良い演奏ができるよう、今からしっかりと準備をするぞ!と誓った次第であります。

皆さん2年後にまたお会いしましょう!
リハ・本番ともに分刻みのスケジュールを定刻進行のA型尾尻先生、大変お疲れ様でした。とっても楽しかったです。ありがとうございました!

2013年6月 4日 (火)

6/2(日)大発表会(大賀ホール)終わりました

6月2日(日)尾尻雅弘先生門下生による発表会が軽井沢・大賀ホールにて行われました。
わたしは初参加です。ドキドキ・ワクワク!

先生自作のプログラム表紙には「尾尻雅弘Produce 大発表会! 軽井沢 大賀ホール」とありました。

この日は梅雨の中休みで、少し涼しい、薄曇りの日曜の朝(by york)となりました。
7時半に家を出て、10時に大賀ホールに到着。
私の車はナビなしで、しかも初めての道!女神湖の脇を通って、東小諸までは予定通りのルートcarだったのに、交差点を間違えて右折し、気づいたら佐久インターを通過。だいぶジグザグに走ってしまった。
なんとか国道18号に出たので「あとは安心一本道」と思ったら、塩沢湖を通過してしまったcoldsweats02
あれっ!バイパスを走っていた!そこから北上してようやくホール駐車場に到着。
002
通用口がわからずウロウロしていたら、ちょうど出演者の方がいらして、案内して頂きましたhappy01
←ようやくようやく控室。

出演者の方々はそれぞれ練習、ホールにてリハ。
私も少し練習をしてからリハ。
音を出したらポーンとはじき返してくる音響。気持ちいい!

リハも終わったので、隣の公園を散歩して、ついでにベンチでお弁当。本番前の栄養補給は大事。なのでいつも大好きな食べ物を持って行きます。

006
控室の奥には演奏者ラウンジがありました。ピアノもあって、ちょっとしたサロンコンサートができる部屋です。トリオの女性が練習中。→

大賀ホールは軽井沢の駅前すぐにあります。ソニーの大賀元会長が建てたホールです。
隣には広い池があり、子供が遊べる公園もあります。↓010_2

出演者も続々到着。
12時からは子供たちのリハが始まり、音響の調整。

1時に発表会が始まりました。

↓先生のごあいさつの後は5人の小学生の男の子が順番に演奏。
小さな子3人は先生とのデュオです。どの子もしっかりと弾いていました。

017


018


020

大人の部はマイクは使いません。皆さんレベルに関わらずしっかりとしたタッチで弾いていて、客席で聴いていても音楽がはっきりと伝わってきます。安心して聴いていられる演奏でした。

浸って聴いてもいられません。自分も弾かなきゃ。
舞台脇で出番待ちをしているときには最大の緊張。運指忘れている。どうしようsweat01
でも出番はやってくる。バリオスの「ワルツ4番」。まだ仕上がってはいません。最初の8小節が巧く弾けたので、なんとか最後まで弾き終えることができました。ホッ。

025←後半は色々なサイズのヴィオラ・ダ・ガンバによる演奏から。楽器は石井栄さんによるもので、石井さんご自身も演奏者として出演されていました。
なんとも典雅な演奏でした。

そのあとはルネッサンス会長&支部長のデュオ。
後半はアンサンブルが続いて、5時ちょっと前に終演。お疲れ様でした。
027


そのあと皆さんは打ち上げに行かれたようです。
延々と続いたのでしょうか??

私は暗くなる前に峠を越えるべく、車を走らせ、行きに間違えた交差点でまた間違えて、佐久インター方向に行ってしまったsweat01
パニックになりかけた時に「白樺湖↑」の看板を見つけ、あとは無事に山を越え、7時ジャストに帰宅。帰りは所用時間2時間でした。

色々な方々とお会いでき、とても楽しかったです。
皆さんの演奏はとても勉強になり、ホールの響きの良さも味わえた収穫多い発表会でした。またいつかお会いいたしましょう!!

それにしても、演奏より運転で疲れた。。。新しい道を作らないで、中山道だけあればいいです。。

最後にプログラム↓ 皆さん本当に素晴らしい演奏でした。

Img_0001


Img_0002

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ