ちの男女共生ネット

2014年7月26日 (土)

7/26「女たちが語りつぎ、聴きつぐ、戦争体験」

本日7月26日(土)午前10時より、第11回ちの男女共生ネット勉強会「女たちが語りつぎ、聴きつぐ、戦争体験」 が茅野市家庭教育センターにて行われました。

今回の勉強会は戦争がテーマでした。

茅野市在住Kさん(女性、昭和12年生)のフィリピン・ミンダナオ島からの引き揚げの様子、
茅野市在住Gさん(男性、大正12年生)満蒙開拓義勇軍の生活の様子、
茅野市在住Yさん(女性、大正14年生)満州からの引き揚げの様子(聞き書き)
御三方のレポートを中心に、後半は勉強会参加者(20名)のフリートークを行いました。

Kさんのレポートより…日本兵に食料を取り上げられ、砲弾が飛ぶジャングルの中を逃げ、沼地に足を取られ泣き叫ぶ子供に母親は立ち止まることなく先に進んで行く光景を見、ようやく収容所に保護された。

Gさん…14歳で茨城県の訓練所にて満州移民の基礎訓練を受けたのち、満州北部に渡った。大変に寒い土地で苦労して農作物を作った。20歳で入隊し沖縄に向かった。

Yさん…中学2年の弟が教師のすすめで満州に行くことになり、家族全員で満州に渡った。寒いところで生活は厳しかった。終戦後、山に逃げた。幼い子供は置き去りにされた。ハルピンまで歩き、満人からお金を借りた。今でも感謝している。1年間とうこう寮で過ごす間に父母妹が亡くなった。小さな船で海を渡り舞鶴に着いた。

008後半フリートークの時間の前に、ギター演奏をさせて頂きました。
「カヴァティーナ」「アルハンブラの思い出」の2曲です。
演奏の前に、映画「ディア・ハンター」について、カスティーリャ女王イザベルによるアルハンブラ宮殿の無血開城の話などをさせて頂きました。

後半のフリートークでは出席者皆さまの戦争に対する思いをお聞きしました。
・軍国主義の教育をされた。教育は大切と感じている。
・アルミの弁当箱さえ供出し、どんぶりにおかゆなどを入れてこぼさないよう学校に持って行った。
・戦争体験者はなかなか口を開いてはくれない。普通の人が殺人鬼へと化すことが怖ろしい。
005
などなど…初めて知ること、学ぶことの多い勉強会でありました。

次回勉強会は10月25日「地域の医療と介護」がテーマです。茅野市出前講座を活用し、介護保険の専門家に解説をお願いする予定です。御参加下さい。
ちの男女共生ネットは特定の政党・団体に属するものではありません。
市民が、ことに女性が自由に意見を言える女性団体です。
ご興味のある方はこちらまで→ちの男女共生ネットのブログ

2014年1月25日 (土)

ちょっと弾いてきました

今日(2014.1.25)は、私が会員となっている「ちの男女共生ネット」の勉強会がありました。

講演会とフリートークディスカッションの間に、ちょこっとギターを弾かせて頂きました。

009←場所は茅野市家庭教育センター。
演奏の機会を頂き、会長の藤瀬さん、ありがとうございました。

演奏は「愛のロマンス(禁じられた遊び)」とタレガの「ラグリマ」、計4分程。
出席者の皆さま、聴いて頂きありがとうございました。

さて、今日の勉強会は「震災の体験を経て、今、お産を考える」というもの。
DVDを見たあと、講師のきくちさかえさんによる興味深いお話を、パワーポイントを交えてわかりやすく説明して頂きました。

003内容は「いのちの誕生」を希望とし、医療に委ねたお産ではなく、もっと主体的にお産を考えよう、さらに、先端医療の実態、出産環境の現状について、など、多岐にわたって話して頂きました。

出席者は30名程、20代から80代までの方、県内外各地から御参加頂きました。今、妊娠中の方、助産師で活躍中のかた、子育て真っ最中の方…、いつもの共生ネット勉強会よりも、より若い世代の女性に参加頂きました。

きくちさんの話の中で「赤ちゃんは場所や時間を自ら選んで産まれてくるのではないか」と言われたことに、ハッとさせられました。そうかもしれません。今日も興味深い話がたくさん聴けました。

ちの男女共生ネットの詳細はこちら
昨年は小説家・評論家の斎藤美奈子氏を招へいし、政治について歯に衣着せぬ、面白くてわかりやすい講演をしていただいたり、地域に伝わる食事を地元の方に教えて頂きながら作ったり、また、子育て問題を話したり…、女性が様々な問題を気楽に話せる場です。          ご興味のある方はぜひメールください→

2013年7月 4日 (木)

7/20 文芸評論家 斎藤美奈子氏 茅野にて講演会

Img_0001
pencil文芸評論家・斎藤美奈子氏の講演会があります。

7月20日(土)開演13:30
茅野市家庭教育センター 2階会議室
「日本はこれからどうなるの!」

参加費 500円 (ただし、共生ネット会員は無料)

斎藤美奈子氏 プロフィール
1956年新潟生まれ。成城大卒。
児童書などの編集者を経て「妊娠小説」で文芸評論家デビュー。「文章読本さん江」で第1回小林秀雄賞。
著作多数。

参議院選を目前にし、貴重な「私の1票」を考えるにも良い機会かと思います。

講演内容は体罰問題、橋下発言と歴史認識、改憲と女性政策など、タイムリーな時事問題です。
文学の話、原発問題などもあるでしょうか。

500円と言う低料金に設定しましたので、是非多くの皆さまにお越しいただきたいです。

当日は無料託児があります。7月10日までにお申し込みください。→送信機能をお使いください。

ちの男女共生ネットでは会員を募集しております。年に数回の勉強会・読書会を開き、女性問題について多方面に考えていきます。
入会希望の方は当日受付にてその旨お伝えください。年会費1000円です。

講演終了後に、今井書店さんのご協力でサイン会を行います。
41xuasinsol__sl160_pisitbstickera_251atodymll__aa160__24191bs0danl__aa160_51zpb4w5m2l__aa160__251r8bn0cyfl__aa160__2

↑↑ 著作多数ありますが、当日は一部の本を販売いたします。お楽しみに。

6月26日付け信濃毎日新聞に斎藤美奈子氏のコラム「政治家に欠ける人権意識」が載りました。

Img_0002_2

(講演会へのお問い合わせ…このブログの「送信機能」をお使いください。→)

 講演会のチケット500円は茅野駅前今井書店さんにて販売しています。
 当日受付にて現金払いも可能です。お待ちしています。
 






2013年5月17日 (金)

「今、福島から」武藤類子さん講演会 5/19諏訪市文化センター

Img_2 明後日、5月19日(日)午前10時から12時、諏訪市文化センター2階集会室において
「今、福島から」と題した武藤類子さんの講演会があります。
参加費500円。どなたでもご参加頂けます。

武藤類子さんは1953年生まれ。福島県三春町在住。
チェルノブイリ事故以後、自然に近い生活を目指し、2003年に喫茶店「燦」(きらら)をオープン。
三春町の山の斜面を開墾し、自家発電・どんぐり食を実践し、環境に優しい暮らしを提唱してきました。
「ハイロアクション福島原発40年」の活動立ち上げ矢先の福島原発事故。

現在、福島原発告訴団団長として頑張っておられます。
著書「福島からあなたへ」大月書店

福島の現状を知り、今後を考える機会となる講演会です。

お近くの方、ぜひご参加ください。

問い合わせは アンの家 0266-52-1076

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ