茅野市

2018年2月21日 (水)

神長官守矢史料館  追記版

2018.2.16に公開した記事を2018.2.21に訂正・補稿しました

ひとつ前の記事「諏訪大社上社前宮」の続きになります。

前宮に初詣に行ってから諏訪の古い信仰に興味を持ち関連の本など読んでいました(昔から好きでしたけれどね、こういう話)。
とにかく「神長官守矢史料館」に行かねばと思いつつも忙しく、ようやくようやく行くことができましたscissors 

ImgKimg0582_2
神長官守矢史料館」

諏訪大社上社前宮から400m
ほど西の場所に神長の住まいがあり、その敷地内に史料館が建てられています。
道路脇の駐車場に車を泊めて中に進むと、門構えの立派な旧家があり、おずおずと更に進むと史料館が見えてきました。
茅野市が運営する博物館の一つです。


建物は建築家藤森照信氏の設計です。この建物は藤森氏の建築物1号であり、1991年に建てられました。
ちなみに藤森氏の生家はこの史料館のすぐ脇にあります。

神長(じんちょう)とは…前宮は古来からの諏訪の信仰「ミシャグチ神」の神事を行う場所であり、その神事を行ってきたのが「神長官」です。神長の神事は一子相伝で明治時代までは守矢家に伝わっていました。

信州・甲州を中心に東日本には700ほどのミシャグチ神社があると言われています。
ご神体は土地とも精霊とも、あるいは石棒・蛇など諸説あり、ミシャグチは謎の多い信仰です。

Kimg0569本来は前宮が神事を行う場所であったのですが、場所を移してより大きな社殿を造り、そこを本宮としたようです。

私が史料館を訪れた日は平日で私のほかに来館者はなく、館員のかたからとても詳しくお話しを聞くことができました。

毎年4月15日におこなわれている御頭祭を模した展示がありました。壁一面の鹿とイノシシの頭の剥製。現在の御頭祭には前宮の十間廊に3頭の鹿の剥製が並べられます。
昔は75頭の鹿の首が並んだわけですから壮絶というか、まさに不思議の国諏訪です


狩猟の神と言う感じです。

大祝(おおほおり)は代々諏訪家から排出され、子供の時には現人神として祀られ成人するとお役御免になり武士になったようです。
また大祝の使いのものとされる神使(おこう)は六名いて、贄柱に縛り付
けられたのち、酉の日に2人ずつ三方(諏訪方面、茅野方面、高遠方面)に出立をし神事を告げる巡回をしていたとのこと。この出立を祝うのが御頭祭りです。
大祝(のちの時代には神使)が祭りの時に生贄にされて殺されたという説もあります。
形だけだったのかもしれませんが、春を迎える時期に豊作を願う意味があったのでしょう。
現在も御頭祭の時には贄柱を氏子が担いで進むそうです。

史料館の奥の部屋には上社の絵地図を復元したものや、武田信玄の古文書の写真などがありました。
信玄は諏訪氏を滅ぼし諏訪の地を治めていたので関連の古文書が多いようです。(奥の部屋は写真NGです)

守屋山にまつわる話も館員の方から伺いました。
上社本宮の裏に聳え、上社のご神体とも言われる守屋山ですが、頂上には物部守屋を祭った神社があるとのこと。
どうして飛鳥時代の物部氏が関係するのかと思いましたが、廃仏論を唱えた物部守屋は厩戸皇子ら蘇我氏と争い、その際に守屋の次男がこの守屋さんに隠れていた、という伝説があるそうです。
また、上社の社殿裏にある巨石「硯石」が御神体とされ、古くは拝殿から石が見えたのだが、織田信長の軍勢に社殿が焼き払われ、現在の形に再建されたとのこと。

明治維新後の廃仏毀釈、新社格制により神官が国から派遣されるようになり一子相伝も崩れてしまったお話しも伺いました。

Kimg0571史料館の外にはミシャグチを祀った「ミシャグチ社」や大祝の墓、藤森氏設計の高過庵などもあることを館員の方から教えていただき雪が残る道を歩いてみました。

←桜の古い巨木の下には大小20ばかりの石がありました。掘られた文字には「天保」と読めるものがあったので江戸時代中期の大祝の墓でしょう。
大祝の屋敷はここから1キロほど北にあるそうですが、わざわざ神長屋敷の上に墓地を造ったことなど神長と大祝の因縁があるようです。

 
不思議ワールド諏訪の国と言われています。
諏訪湖に御渡り(おみわたり)ができることも諏訪七不思議のひとつです。

今年は5年ぶりに御渡りができました。
御渡りができるほどに今年は寒いです。

さて、もう少し暖かくなったら大祝屋敷跡を散策したいと思います。

Kimg0577_2最後に藤森氏設計の高過庵の写真

タケミナカタのことも知りたくて古事記を読みだしたら、余計に諏訪大社の異質感があぶりだされて、本当に面白い世界です。

皆様どうぞ諏訪大社上社前宮にいらしてくださいね

 

2018年1月 5日 (金)

初詣~諏訪大社上社前宮

皆様 本年もよろしくお願い申し上げます。

 

Kimg0556_32018年1月5日(金)、少しすいた頃かなと初詣に行ってきました。
毎年諏訪大社上社本宮に行くのですが、今年は前宮に行ってきました。
前宮までは我が家から車で15分ほど。
参拝客は少なく駐車場も空いていました。

 

道路のすぐわきに大きな鳥居があり、そこから本殿は100mほど奥にあります。
下から本殿は見えません。
本殿まではかなりの勾配の坂で、御柱祭ではここを御柱を引いた大勢の氏子が一気に上る様は圧巻です。

本殿の手前には十間廊があり、ここでほとんどの上社神事が行われます。
寅・申の年に行われる御柱祭は天下の奇祭として有名ですが、他の上社神事にもかなり変わったものが多いです。
そのひとつに御頭祭があります。この十間廊に七十五頭の鹿の頭が並べられる神事です。
今は剥製を数個置くだけのようです。

Kimg0559


 本殿の左脇には川が流れていて、この川の水を手水に使います。
ひしゃくが置かれていたので私も両手を洗い、口をすすぎました
(でも川の水なので手洗いだけをお薦めします)。

Kimg0560
本殿は昭和7年に建てられたもの。守屋山から続く山を背にし、眼下に北側の茅野の町並みが見降ろせます(この配置は中国の風水の影響はないようですね)。
晴れていれば八ヶ岳が一望できるのですがこの日は雲の中でした。
Kimg0561

前宮の周囲には見るべき史跡がたくさんあります。

Kimg0558

ここはミシャグチ信仰の地であり、一帯はその大祝(オオホリイ)であった守矢氏の居住地でした。人が住む里と神の居る山とのまさに境界。

古事記によると、出雲の国を追われたタケミナカタがスワの地に流れ着き、土着の洩矢族とたたかってタケミナカタが勝利し、それ以後タケミナカタが諏訪大社のカミとしてこの地に祀られた、とあります。
その時にタケミナカタの藤の枝が迎え撃った洩矢族の鉄器を腐らせた、ともあります。
中央に近いタケミナカタが藤の枝、と言うのはどういうわけでしょうか。渡来人の影響も受けていたであろう出雲族ならば青銅などを持っていたように思いますが…というのは全くの私見です。古事記や日本書紀…大好きなんです。 話しが長くなるのでこの辺で。

本殿からの帰りは参道を通らず「中之路」を通って降りてみました。道幅は1mほど、昔の参道の一つのようです。このあたりにはまるで飛鳥の古い道のような趣のある道がいくつかあります。畑の脇のそんな道を歩いて4柱の御柱を巡って柱に触れることもできます。

暖かな春になったらまたゆっくり散策に来ることといたしましょう!

最後に一昨年5月の御柱祭の写真も1枚。前宮二之柱です。
Aviaryimage1462405922611

2017年7月14日 (金)

御射鹿池に行ってきました

梅雨明けが待たれる今日この頃ですが、梅雨の”中休み”の日に御射鹿池(みしゃかいけ)に行ってきました。

私の家から車で20分ほど。茅野市奥蓼科に続く「湯みち街道」筋に御射鹿池はあります。
笹原という古い集落を抜けると道はつづれ折りとなり上りが続きます。私のボロヴィッツではローに落とさないと上れませんcarsweat01

昨年、池の周りが整備され、駐車場も広くきれいになりました。
この日は平日の朝9時頃で駐車場もガラガラ。県外車が数台停まっていました。

Kimg0449
スマホの画像悪いsad 申し訳ありません。周りの観光客の方々は皆さん高価なカメラを抱えていました。

Img_0_mImg20080629_p

左は東山魁夷画伯の「緑響く」。
現国の教科書の表紙だったかも…。

右は某家電メーカーの吉永小百合さんのCMの画像です。

まさにこの御射鹿池です。白い馬はいませんけれどね。
水面に映る樹影が美しいです。

紅葉の季節も素晴らしいですが、緑の濃い夏の時期も良いですね。
週末の朝10時を過ぎると周辺は大渋滞になりますのでご注意を。

Kimg0452池のほとりに降りて行くことはできません。道路面から眺めます。
カモの親子が岸辺にいました。亀が池を泳いでいたそうです
(母談)。

 7月から信州DC(しんしゅうでぃすとねーしょんきゃんぺーん)が始まりました。御射鹿池と白駒の池を巡るバスツアーもあるようです。

 明日からの3連休には原村で「八ヶ岳クラフト市」も始まります。

 さわやか信州におでかけ下さいね。

2014年3月19日 (水)

演奏の機会がたくさん (*^^)v

春を感じる時もありますが、まだまだ寒い日が続いています。早いもので、もうすぐお彼岸です。田畑はまだ雪に覆われています。

Img_1292 さて、先日は某会にて「A whole new world」を弾かせてもらいました。小・中学生の少女たちと大人の方々に聴いて頂きましたが、一緒に歌ってくれた子供たちもいて嬉しかったです。
←譜面台と足台を忘れました(>_<)

今週末の22日(土)はアグアドの会演奏会に参加いたします。バリオスの「ワルツop8-4」を弾く予定です。30名以上の方が参加される大きな演奏会です。
私は初参加なのでドキドキ、でもとても楽しみです。

アグアドの会演奏会 3月22日(土)長野市松代 松代文化会館 12:30開演 です。
藤井眞吾さんのミニコンサートもあります。入場無料ですから是非お越しください。

Img                                       ↑クリックで大きくなります

翌23日(日)は藤井眞吾先生マスタークラスがあります。13時より、須坂市フォルティアの夢奏庵にて。7名が受講予定のようです。私はメルツ「エレジー」で受講予定。
聴講は1000円だそうです。直接夢奏庵にお越しください。

翌週、29日(土)は諏訪市ギャラリー風我にて弾き回し会です。3時開演。今回は東京より私の大先輩が初参加します。ルネッサンスのかわいい若手女子も出てくれることになりました!たのしみ(^^)! 入場無料ですから是非聴きにきてください。

おまけの縄文な話し…
さて、茅野市で出土された土偶「仮面のビーナス」が国宝認定されるようです。既に国宝指定の「縄文のビーナス」と合わせて縄文土偶2体の国宝を持つ市は珍しい、のか唯一なのか、ともかく喜ばしいことです。

100912_1301_01_2 100912_1302_01←尖石の縄文考古館で以前に撮ってきた写真。
左が「縄文のビーナス」、右が「仮面のビーナス」です。
(ガラスケースに光が反射してしまいました<(_ _)>)

茅野市豊平にある尖石遺跡は、昭和初期から戦後にかけ、地元の一教師が家族だけの力で発掘を続け、大きな縄文遺跡を明らかにしていったのです。

この地域には縄文遺跡が多くありますが、どこもロケーションがすばらしい。八ヶ岳に抱かれた水の豊富な谷であったり、諏訪湖を遠くに見下ろす丘であったりします。
当時は温暖期で日本の陸地面積も今より狭く、ここらへんがちょうど良い気候であった、とのこと。やがて寒冷期となり、人々は去って行ったようです。

ということで、ますます茅野市は縄文ナンタラに力を入れるのでしょう。ほかももう少し考えればいいのに…ブツブツ。

2012年8月31日 (金)

9/2(日)茅野市消費生活展 いらしてください

明後日9月2日(日)午後1時から4時まで、茅野市民館にて消費生活展があります。

私は「某Sクラブ生協茅野支部」の副首謀者として参加予定です。

このイベントは「健康づくりのつどい」「ふれあいのつどい」「茅野市消費生活展」の3つが合同で行われているので大変賑やかです。
詳細は→http://www.city.chino.lg.jp/ctg/Files/1/02222343/attach/2012081504-5.pdf
茅野市広報をご覧ください。(表示されにくい場合は倍率を変更してください)

120831_092001_3 当日、某Sクラブの消費材の試飲・試食・販売をします。種類・数は限られますのでお早めにどうぞ。

連日暑いですね!夕べも少ししか降雨がなく、毎日庭の水やりが大変。
鉢花は昼間半日陰に移動します。
紫の八重咲きペチュニアは西日を受けても元気です。→
ハンギング仕立てなので乾燥しやすく、朝晩の水やりは欠かせません。
時々は(朝晩の涼しい時間に)バケツの水にハイポネックス液を2~3滴入れ、ハンギングごとしばらく浸けておきます。
そろそろパンジー・ヴィオラの植え替え時期ですが暑くて様子見をしています。
トンボが暑い中飛んでいますsun。ちっとも秋らしくないなあ。。

2012年6月27日 (水)

7/7(土)この街学園「ハーブ祭」あります

毎年恒例の「ハーブ祭」が7月7日(土)am10:00~「この街学園」でありますよ。

Img_0002 Img_0003

昨年はお天気も良く、近隣の大勢の方々で賑わっていました。
今年もハーブや手作りお菓子の販売、模擬店、バザー、工作ブース、ブラスバンド演奏などなど、企画されています。
広い庭の散策も気持ち良いです。

手作りケーキは安くておいしく、おすすめです。
毎年、焼きそばなどはすぐに売り切れてしまうので、朝のうちに食券をお買い求めください。

諏訪南インターのすぐ近くです。↑のチラシをクリックして地図、プログラム等ご確認ください。スリッパご持参ください。
(私はスタッフの手伝いでどこかにいます)

120620_095501 我が家のラベンダーも穂が伸びてきました。
写真はもうそろそろ限界な感じのヴィオラたち。
梅雨入りと同時に播種したヴィオラも芽が出てきました。

2011年10月10日 (月)

2011.10.9 縄文まつり

10月9日(日)晴天の下行われた「茅野市5000年尖石縄文まつり」
ほぼ毎年関わってきましたが、名称が5001年5002年…とはならないですねwobbly

場所は茅野市豊平の尖石遺跡近くの縄文広場。
国宝「縄文のビーナス」などがある茅野市考古館の南側で、気持ちの良い広い原っぱです。

フリマや、手作りの弓で矢を飛ばす「とがリンピック」、太鼓演奏、コンサートなどイベントが盛りだくさんです。
とても多くの方々で賑わっていました。家族連れが多かったです。

111009_084901 111009_093101 111009_093201 気球体験は風が強くてすぐに中止になってしまいました。朝一番に乗れた人はラッキー。

粘土で作った大きな土器や土偶を半日かけて野焼きします。
焼き終わると色が黒っぽくなっていました。

111009_100901 111009_100902 111009_092801 左の写真は火おこしをしているところです。頑張るとちゃんと火がつきます。

太鼓は学校・地域での参加。いくつもの太鼓団体が出演していました。

メッセージカードをつけたたくさんのエコ風船を飛ばしました。
この風船は土に帰る素材だそうです。
空高く飛んで行きました。
どこまで行ったのでしょう。

わたしたちガールスカウト長野県第2団の担当は「縄文煮炊き」
キャベツ・人参・大根・ブロッコリー・ジャガイモ・ズッキーニを土器で煮ます。
(それでは間に合わないので実際には鍋で煮ましたcoldsweats01

111009_103001 111009_103101 111009_141801 大勢の方から「野菜がおいしい」と好評でした。
地元の産直野菜です。
ジャガイモが一番売れていました。

土器で煮ると茹で上がりが早くてびっくり。

柳平茅野市長も食べに来て下さいました。

お昼の休憩時間にフリマを覗きに行き、服2枚・かわいいタオル2枚・プーさんのグラス2個を計700円でゲット!かなり満足happy01

とーっても疲れました。しかし体重が増えていましたcoldsweats02

2011年10月 7日 (金)

尖石縄文まつりとクラフト市

今週末のイベントです。

10/8~9 尖石縄文まつり があります。場所は茅野市豊平の尖石。

9日には色々な催時が行われます。
私は土器を使った野菜の煮炊きコーナーにいます。

Img_2  10/8~10 クラフト市もあります。原村の自然文化園。

毎年覗きに行ってますが、安くて良いものは少ないthink
安いものをお探しの方(私)は縄文祭りのフリマへどうぞ。

クラフト市はプロのクラフト作家が出展しているので珍しいものはあります。見るだけでも面白いです。

文化園の駐車場は広いのですが、それでもすぐに満車になります。
園西側にある「まるやち湖」駐車場は結構すいています。
御柱街道からまるやち湖に通じる道の途中には白樺林があってなかなか素敵な場所です。

八ヶ岳農場に車を停めて15分散策しながら文化園に行くのもおすすめです。

2011年8月17日 (水)

多留姫の滝

ワタクシ的お盆休みも今日(8/17)が最後。
と言っても4日間の休みのうちゆっくりできたのは今日だけweep
今日は朝から何も気にせずにのんびり散歩にでかけました。

005_2  ここは茅野市泉野、柳川にある多留姫(たるひめ)の滝です。家から1.2キロほど。

多留姫は諏訪大神の末子だそうです。
詳しいことはよくわかりません。
また調べてみよう!!
ちなみに諏訪大神の母神は高志奴奈川姫です。(ヒスイおみくじのブログに書いてあります。)

木々がうっそうとしていて夏でも涼しい!
今朝はこんな景観を一人占めでした。

002 この付近一帯は「多留姫文学自然の里」となっていて川の北側にはたくさんの文学碑があります。

川の南側に多留姫神社があり、祠の横の道を通って小さな吊り橋を渡りながら滝を眺めます。
003
←多留姫神社

とても静かな山の中のように見ますが、実際には神社の上を新しい道路(多留姫大橋)が通っています。001_2        
(逆光で見えにくいcoldsweats01すみません!)  →

2011年7月 4日 (月)

7/9この街学園ハーブ祭 のお知らせ

7月9日(土)am10:00~pm3:00 茅野市「この街学園」でハーブ祭があります。

Img_0001 Img_0002

場所は諏訪南インター近く、中央道の側道から少し東に入ったところです。
側道脇に看板が出ているのでわかると思います。

画像をクリックすると大きくなります。

案内図をご確認ください。

この街学園は高原の良い環境の中にある通所作業所です。
ラベンダー畑やルバーブ・ハーブの畑があり、羊とヤギがのんびり草を食べています。

毎年この時期にハーブ祭が開催され、学園が開放されます。

今年はラベンダーの株の植え替え期で、例年より花穂の数は少ないようですが、
楽しい催事やコンサートがありますので是非おでかけください。

ラベンダーの摘み取りはありません。
ここのラベンダーは通所者の方々によって丁寧に摘み取り、加工され、販売されます。
お祭り当日も各種加工品の販売、手作りパン・ケーキの販売などあります。

スリッパお持ちくださいね。

↓我が家のラベンダーも収穫時期です。
110701_154901

twitter

Twitter

ブログパーツ

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ