書籍・雑誌

2017年7月 7日 (金)

エリック・シブリン著「無伴奏チェロ組曲」を求めて

Kimg0447「無伴奏チェロ組曲」を求めて~バッハ、カザルス、そして現代
エリック・シブリン 武藤剛史 訳  白水社

ラジオでこの本のことを知り、早速図書館に予約をし、隣市の図書館経由ですぐに借りることができた。

著者はカナダ人ジャーナリスト、アコースティックギターをたしなむがクラシック音楽の専門家ではない。
そんな彼がふと耳にしたJ.S.バッハ「無伴奏チェロ組曲」第1番プレリュードに魅せられ、曲を追い求めて歴史と思考の旅に出る。

13歳のパブロ・カザルスが、バルセロナのとある楽器店の古ぼけた楽譜の中から見つけ出した不思議な楽譜。J.S.Bach Six Sonates ou suites pour Violoncello Seul

メンデルスゾーンが「マタイ受難曲」を初演し熱狂的に迎えられたのとは対照的に、カザルスが「無伴奏チェロ組曲」を初演した時には、古色蒼然とした音楽、と受け入れられなかった。
しかしカザルスが度々演奏をしたことで曲の評価はすぐに高まったようだ。

この組曲にはいまだに謎の部分も多く、著者は自筆譜をも追い求める。(残念ながらいまだ見つかったというニュースは聞かない。)
バッハの自筆譜がヨーロッパの靴箱の中から、あるいは植木に巻かれて見つかった、という話が書かれていた。紙というものが貴重だったからであろう。

バッハ、カザルス、それぞれの伝記本などは数多くあるが、一つの曲を軸にして書かれた本は少ないのではないか。「チェロ組曲」を軸にバッハとカザルスの生涯が綴られている。

ご興味ある方はご一読を。
尚、絶版になってるので購入は難しいかと思われます

ちなみに私が好きなのは第5番(BWV1011)サラバンド、東日本大震災後にセルシェルのコンサートで演奏され感動しました。

2016年12月25日 (日)

高村薫著「土の記」

Bookfan_bk410378409112月初旬に図書館に行った折、新刊コーナーで私を手招きしたが「土の記」上下2冊の本であった。書店や図書館で本を眺めていると時々本に呼ばれることがある。

寡作な高村氏の新刊なので嬉しく思い、年末忙しくて読む暇があるのかわからないが借りてしまった。そしてやはり読めないままに返却期限がせまり、クリスマスも年賀状書きも大掃除も棚上げしてあわてて読みだしたら止まらない。

普通はここで『この本のあらすじは…』と書くところだが、この本のあらすじを書き出しても無意味だと思う。

圧倒的な湿度、稲の香り、土の臭い、浮遊する思考。その中にどっぷりと浸かって読むのが良い。

老いることも天災も止めることはできず、それも日常の中におこる現象のひとつ。

高村氏の主題は難解で私には見いだせなかったが、とにかく高村ワールドを堪能した。
年末に凄い本を読んでしまった!今年の一番か。

高村薫の著作を未読の方は「照柿」をお薦めします。

2016年9月12日 (月)

村田千尋著「西洋音楽史再入門」

Kimg0291著者の村田千尋さんは東京音楽大学教授。

この本は①楽譜、②楽器、③人、④音楽の場と社会的機能、に注目して書かれています。

かなり専門的な本なので私には難しい部分も多かったのですが、色々と知ることができました。

西洋音楽がキリスト教に基づく音楽であることは多くの人が知るところですが、教会音楽から騎士、宮廷へ、サロンへ、市井へと、音楽を担う人々の移り変わりも、わかりやすく書かれています。
また楽譜の変遷、鍵盤楽器の構造の変遷も詳しく書かれています。

興味をもたれた方は一読されることをおすすめしますが、私がひっかかったワードをあげてみます。

・教会では人の声が最上のもの。楽器は悪魔の道具。ただしダビデ王の楽器竪琴と、天使の楽器ラッパは別。

Kimg0294・上の理由で楽器を演奏するのは街中では大道芸人、騎士は家来(ジョングルール=伴奏者)に伴奏させて歌っていた。騎士の歌がトルバドゥール。

・バロック時代は対比が求められたのでテラス状デュナーミクが用いられた。この時代にクレッシェンドはなかった。

・市井において、オペラが出現をして人気を博した。オペラ歌手を休ませるために楽団のみによる演奏をさせることになった。現在に続く演奏会の起源のひとつ。

・17世紀の画家ストロッツィの「リュートを弾く男」の絵は調弦をしているところを描き、これは「時間の無駄」の寓意である。

などなど、ご興味持たれましたか??

目次をちらっとどうぞ。
Kimg0293

2016年8月22日 (月)

「松尾堂」で耳にして…

NHKFMmusic日曜昼の番組「トーキングウィズ松尾堂」、面白くて大好きな番組です。

松尾貴史さんの語り口と博識(しかも内容がおしゃれ)が最高。毎回ゲストの方々も多彩です。

先日のゲストが順天堂大学医学部教授の小林弘幸さん。「間の取り方」というテーマでしたが面白かった。小林さんは医学博士なのですがスポーツ選手や芸能人のメンタルトレーニングもされているというドクター
単に精神的にどうこうしろ、と言うのではなく、自律神経の働きを考えながらのメンタル。

さっそく図書館に行って小林氏の本を借りてきました。(近くの図書館には1冊しか蔵書がなくて残念sweat02

Photo借りてきたのは『ゆっくり生きれば、遠くまでいける 副交感神経で「最高の人生」を手に入れる

色々と示唆に富むところあり、医学的な見地に基づいているわけですが、でもそればかりではないのです。

本当の健康とは「良質な血液が細胞の一つひとつに十分に届いている状態」。
これにはまず良い血液を作る、それには腸内環境を良くして正常な活動をさせる、ことが大事なのだそうです。
そして副交感神経を上げる健康習慣。これはゆっくりを意識すること。

詳細は著作を読んでいただいた方が良いと思いますが、内容で印象的だったこと。

・水を一日1.5L飲むこと。その時に細胞の隅々まで水が行きわたるイメージを持ってのむこと。

・朝の時間をゆったりと取ること。できれば週に一日何も予定のない日を作る。

・仕事を終えたら1カ所だけ毎日片付ける習慣をつける。

・怒り出す前に検証をすること

・空を見上げる。これだけで冷静になれる。5秒吸って10秒吐く深呼吸も有効。

私がこの本を読もうと思ったのは長生きしたいためではなく、緊張をどうほぐすのか知りたかったからです。
人前で演奏をするとあがってしまうことがよくあります。場数を踏めば克服できるのかどうか、場数を踏んでいないのでわかりません。
ただ、大きな舞台でも全くあがらなかったこともあり、この「あがる」「緊張する」という現象は本当に謎です。(たぶん<うまく弾いてやろう>という自意識過剰なのでしょう)

小林弘幸さんの著作は多数あるようなので興味持たれた方はご一読を。

2016年5月 2日 (月)

石牟礼道子「苦海浄土」と高山文彦「ふたり」

以前から高群逸枝と石牟礼道子の著作を読まなければ、と思っていた。
Fさんの家で拾い上げ、お借りした「苦海浄土~わが水俣病」を長野への往復の電車の中で読み、続いて日経書評に載っていた「ふたり~皇后美智子と石牟礼道子」を図書館で借りて読んでいる最中に熊本大地震が起こった。

 高群は益城市、石牟礼は水俣市の出身である。

 この大地震で被災された方々の日々の暮らし、胸中を思うに言葉がない。
どうか、安寧の日が一日でも早く訪れますように。

bookさて、この2冊の本だが「苦海浄土」は水俣の芯の部分を、「ふたり」は水俣と石牟礼を外側から包むように書かれていると感じた。

519cvvwx3jl__ac_us160_石牟礼道子は水俣に生まれ、主婦として農婦として働きながら水俣病患者と交流し、夜にはその記録を書きとめ、上梓したのちは作家、詩人として、常に水俣の人々と寄り添って生きている。

 不知火の海で暮らす人々…海の上こそが極楽、と小さな船を自在に操り、獲った魚で焼酎1杯飲むだけの何の贅のない暮らしをしていた人々が、水銀に汚染された魚を食べていたために体の自由を奪われ、極楽であるはずの海は禁じられた海となり、命も奪われた。

「苦海浄土」には人々の暮らし、発病の様子、行政の対応、公害病と認定される経緯などが詳細に書かれている。石牟礼が自分の足で訪ね歩き、目で見た様子が描かれている。

巻末に…「苦海浄土」は石牟礼道子の私小説である」…という一文があった。
確かに水俣は石牟礼自身であって、ルポルタージュという何か他人事を描いているものとは違うと感じた。
「苦海浄土」はすべての人が読まなければならない著作であると思う。読んでほしい。

41rrz9uvgl__ac_us160_続いて読んだ「ふたり~皇后美智子と石牟礼道子」。著者の高山文彦は数多くのノンフィクションを上梓し、小説も書いている作家である。

「ふたり」は石牟礼と美智子皇后の交流・両陛下の水俣訪問・皇后陛下の思い・水俣訴訟・闘病中の石牟礼の現在が書かれている。

2013年10月27日、「全国豊かな海づくり大会」出席のため熊本にいらした両陛下が水俣に立ち寄られ、皇后陛下の強いご希望で急遽、胎児性水俣病患者に会われた。この時の話が全体の核となっている。
雅子妃とチッソの関係がなければ、おそらく両陛下はもっと早い時期に水俣病患者を見舞わられただろう。
ご高齢になられた両陛下が今行かなければの思いで、おそらく周りの意見を振り切ってのご決断だったのではないかと思う。

この作品の中で印象深かった箇所がいくつもあるが、一文を

…無差別大量毒殺行為をおこなったに等しいチッソと、そちら側に立って嘘八百を平気で言いつのりいじめ抜いてきた国家や地方行政…

…湾を埋め立てたその地下には汚染魚が詰め込まれたおよそ3000本のドラム缶が埋まっている…

水俣と福島が重なって見えた。

memoこの2冊の読後感を書くのはずいぶん逡巡したのだが、昨日5月1日は水俣病認定から60年ということで、新聞やネットニュースにも水俣病について大きく触れられていたので、あわててこのブログを書きあげた。

Kimg0185Kimg0184

現在でも病気に苦しみ、しかし認定を受けられない人々も大勢いる。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000047-mai-soci

不知火の海で漁業ができなくなった人々が山を開き、甘夏ミカンを作っている。
私はこの「きばるの甘夏」を毎年購入して、おいしいピールやマーマレードを作る。
130211_131801
無農薬なので見た目は悪いが、安心して皮まで食べられる。
今年は残念ながら不作で購入数が限られてしまった。
以前に作った写真と
作り方

拙文にお付き合い頂きありがとうございました。

2016年2月 5日 (金)

フィオナ・マクファーレン著 「夜が来ると」

51ogfliusjl__aa160__2フィオナ・マクファーレン著 「夜が来ると」北田絵里子訳(早川書房)

しばらく前の「日経」書評欄に出ていたので読んでみました。

著者のフィオナ・マクファーレンは1978年オーストラリア生まれ。初の長編の本作で多くの受賞をしたようです。

あらすじ…オーストラリアの海辺の家に一人で暮らす75歳の老婦人ルーシー。夫は他界し、長男はニュージーランド、次男は香港に住んでいる。
ある晩、ルーシーは隣のリビングを獣が徘徊する気配で目が覚める。熱帯の獣、トラにちがいない。どうしたらよいのか…気づくと朝で、獣の気配は消えていた。

そんな朝に、市から派遣されてきたというフリーダがやってくる。ルーシーが子供の頃に住んでいたフィジーの出身だという。髪を毎日違う色に染め、体格の良い、やや強引なフリーダ。床をピカピカに磨き上げ、食事を作り、ルーシーの髪を洗う。だんだんとルーシーはフリーダを頼もしく思うようになる。トラがいたのよ、と言うルーシーに、フリーダは庭に柵を巡らせ、落とし穴を掘る。初恋の人を家によびたい、と言うルーシーの手助けをするフリーダ。息子たちは母親の変化を電話で感じて、様子を見にくると言う。…

読後感は☆☆☆☆☆

最後にはフリーダの正体が明かされます。
認知症の話とも、オレオレ詐欺の話とも違う。
老化していく自分へのアンコンシャスな不安だったり、幼少期の家族と親になってからの家族とのかかわり方。
読後感は読んだ方それぞれ色々考えられると思いますが、いまひとつわかりにくいかもしれません。

2015年7月 4日 (土)

西村雄一郎著「映画でクラシック!」

Dscf4393
 図書館で面白そうな本を借りてきました。

 新潮社 2007年 西村雄一郎著 「映画でクラシック!」

 著者は映画評論家・音楽評論家・映像クリエーターなど各方面でご活躍の方とのこと。

音楽雑誌「モーストリー・クラシック」に連載されてものを1冊にまとめて出版されたようです。

目次を見ると好きな映画と興味深いクラシックの名曲が並んでいました。

中に「誰がギターの超名曲を作曲したのか?…禁じられて遊び」という項もあります。

Dscf4394
本書には、「血と砂(1941)」ですでにこの曲が使われていること、アントニオ・ルビラの「アルペジオ練習曲」原曲説にも触れられています。

その上で、著者がルネ・クレマン監督に直接インタビューをした話が載っています。
『イエペスに古い時代のスペインの曲で何かいい物を弾いてみてくれと言ったところ、活発な曲でメロディーの気に入ったものがあった。それをゆっくり、短調にして弾いてみたら、と提案した』と書かれています。

また、朝日新聞の記者がイエペスにこの曲について話を聞こうとすると『頑ななまでに話そうとしなかった』という話も載っています。

どうも、はっきりしたことはわかりません。
ルビラの曲ありきだったのか、スペイン古謡に似たようなものがあったのか…。

今月末に「愛のロマンス」を弾く機会があるので、もう一度映画「禁じられた遊び」を見ようかと思っています。

さて、クラシック絡みのわたしのオススメ映画。

☆ルイ・マル監督「恋人たち」(1958 仏)  ブラームス「弦楽六重奏曲1番2楽章」が印象的に使われています。ジャンヌ・モローが最高。(ギター二重奏版も有名ですね。)

☆ルキノ・ヴィスコンティ監督「ルートヴィヒ」(1972 伊・仏・西独) ワーグナーが満載です。

2014年9月29日 (月)

アリス・ラプラント著「忘却の声」

Photo
久々に本の紹介です。
アリス・ラプラント著、玉木亨訳「忘却の声」 2014.6 東京創元社

あらすじ…
64歳のジェニファーは腕の良い整形外科医だった。
近所に住む、彼女の親友アマンダが殺された。アマンダの右手4指はメスのような鋭利な刃物で切断されていた。
ジェニファーは認知症を患っている。警察が様子を見に来るが認知症の症状が進行していて話に整合性が全くない。自分の頭の中が茫洋としている。街を徘徊し、他人を攻撃する。以前に勤務していた病院に行き、きびきびと患者を診断する。自分の息子を亡くなった夫だと思いこむ。犯人はジェニファーなのか…。。。

ミステリー仕立てになっていますが、ジェニファーの脳の闇や人間関係に主眼が置かれています。夫婦・親子・友人との関係。認知症の症状が出てからのジェニファーの変化やとまどいなどが描かれています。

私の両親も認知症で5か月前に高齢者施設の夫婦部屋に入所してもらいました。
父はアルツハイマーで昨日できたことが今日はできない、という状況です。
機嫌の良い時は私のことを認識できますが、わからないこともよくあります(先日は自分の「オフクロ」だと言っていました)。
モノゴトの大半をもう理解できませんが、驚くほど理詰めで物を言う時もあり、脳の闇に、おそらく自身も戸惑っているのだろうと思います(いや、全くわかっていないのかもしれない…)。
母は短期記憶がなく、10秒前にしたことを覚えていない。たぶん記憶の引き出しに入っていないのでしょう。おハジことを

本書のジェニファーは60歳くらいで認知症を発症しています。体は元気でも頭がおかしい、おかしいと言うことは本人にもわかるからツライのでしょう。ますますバランスを失っていく。

医療の発達で寿命が延び、認知症患者の数は増えるでしょう。
いくら健康食品を摂っても、何をしても、来るものは来る、のだと思います。
むやみに恐れず、確率の高い宝くじにでも当たった、と思って生きて行くしかありませんね。

楽器の演奏は脳の活性化に良いらしいですよ。楽しい仲間がいれば最高です。
認知症予防と思ってギターを弾くこの頃です(笑)

2014年8月 3日 (日)

夏休みにオススメな本

世間一般は夏休みのようです。茅野市内も県外ナンバーの車で混雑してきました。

51riatmthl__sl500_aa300_今回はゆっくりと時間があるときにおすすめの本をご紹介。

ハワード・グッドール著 夏目大訳
「音楽の進化史」
河出書房新社

Howard Goodall  "The Story of Music"

著者はイギリス人の作曲家。

本著では紀元前4万年のクマの骨笛にはじまり、現代のポップスまで論じられています。 

部分的に(例えばルネッサンス期からバロック期、ヘンデル、ベート-ベン、リストからワーグナー、国民音楽)は詳細に書かれており、バッハやモーツァルトの音楽についてはページ数はすくないです。
ルネッサンス期の音楽、ダウランドとモンテヴェルディは音楽の転換期となった、ロシア革命前後の音楽とそれとは対照的なフランス音楽など、面白く読めました。

けして読みやすい本ではないので、時間のあるときにじっくりお読みください。
(私は図書館から借りてきましたが、貸出期間を過ぎてしまいました。ごめんなさい!)

2014年4月18日 (金)

ガルシア・マルケス

「ノーベル文学賞」受賞者、ガルシア・マルケスが亡くなったとのこと。享年87歳(母と同年だったのか)。
近年は入退院を繰り返しているとか、痴呆症とか言われていたが、長く世界的に活躍していた人だった。

41irt9xql__sl160_ 「100年の孤独」はマイベスト1である。(たぶん2位は「透明人間の告白」で3位は泉鏡花の「女客」。まあ気分に応じて変わっていますが)

「100年の孤独」のあらすじを言え、と言われてもうまくは表現できない。
ファンタジーと言う人もいるけれど、そうとも、ちがうとも言える。

とにかく一種独特の世界なので、長編ですが、読んでみてください。

「富も名誉も戦争も革命も泡のようなもの。生命の樹のように、真実を見つめて長く生きろ。」と言われている気がする。女性の素晴らしさも賛美されていると思います。

このところ私事に忙しく(廃棄物処理業者と化しています)、ブログ更新ができません。すみません。
まとめて最近の写真をアップします。

4月6日雪
001 003

009 4月13日(日) 軽井沢 大賀ホール 演奏者ラウンジにて→
逆光の中の怪しい人々。演奏会終了後の演奏者+製作者の図
聴衆も若干怪しい人々でした。

前半は2台の19世紀ギターによる古典もの。
最初の音が響いた瞬間から、モダンとはちがう典雅な響きに魅了されました。(弾いてみたい欲求が…)

後半はハウザーⅠとラミレスによる、これまた古典もの。
和音になっても音が潰れないというか、さすがにどちらもすばらしい音でした。
難しそうな曲ばかりでしたが、クラシカルで重厚な曲のオンパレードを堪能してきました。

今回は軽井沢まで道を間違えずにたどり着けましたscissors

今は松本市の桜が満開。茅野はようやく咲き初めです。
写真、左2枚が松本市 内田の桜、右端は松本市弘法山古墳。遠くから眺めると桜餅のようです。

003_2 004
007

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ