書籍・雑誌

2020年6月19日 (金)

ジーン・リース著「サルガッソーの広い海」小沢瑞穂訳

まずこの本を読むきっかけからお話ししましょう。

昨年日経紙に連載されていた池澤夏樹氏の連載小説「ワカタケル」がとても面白く、池澤さんの他の著作を探しているときに出会ったのが『池澤夏樹の選ぶ世界の十大小説』でした。

その10冊は

この中には私が大好きな作品も入っていたので、これはいいぞ!と思い端から読むことにしました。現在7冊を読了。

(ついでながらモームの世界十大小説は
1 フィールディング/トム・ジョーンズ
2 オースティン/高慢と偏見(自負と偏見)
3 スタンダール/赤と黒
4 バルザック/ゴリオ爺さん
5 ディケンズ/デイヴィッド・カパーフィールド
6 フロベール/ボヴァリー夫人
7 メルヴィル/白鯨
8 ブロンテ/嵐が丘
9 ドストエフスキー/カラマーゾフの兄弟
10 トルストイ/戦争と平和     )

 

さて、「サルガッソーの広い海」

みすず書房版は表紙の装丁も素敵です。
Kimg0924

サルガッソーとはカリブ海の東端、南米ベネズエラにも近い辺りです。
小アンティール諸島の中のドミニカ島が舞台。(ドミニカ共和国とは別の小さな島です)

あらすじ

第1章…私(アントワネット)はここで生まれた白人の女の子。この島で白人はかつて奴隷所有者であったが、奴隷解放後には「白いごきぶり」と蔑まれている。イギリスから来た白人は「本物の白人」などど呼ばれている。
母、障害のある弟、黒人の乳母のクリストフィーヌらとつつましく暮らしてる。父はすでに亡くなったようだ。
若く美しい母は、イギリス人の「本物の白人」Mr.メイソンと再婚をする。かつての奴隷所有者らは土地を広く持っていたため、母の資産目当ての結婚だった。
或る晩Mr.メイソンが中国系の召使を雇いたいと言う。「そんなことを召使のいる前で言うものではない」と叔母は忠告する。その晩家は黒人たちに囲まれ石が投げられ火がつけられる。
弟は亡くなり、次第に母は錯乱し、アントワネットは尼僧院の寄宿学校へ入ることになる。

第2章…話はアントワネットが新婚旅行に出かけるところから始まる。夫は本物の白人であるMr.ロチェスター。父と兄から疎まれているような節のある彼もまたアントワネットの資産目当てである。母は錯乱したままに乱れた生活をし、ひっそりと亡くなっていた。
旅行先はグランボワ(高い森)。アントワネットの母が所有していた土地である。深い森を通って海の見える場所に立つ家に、数人の召使と共に滞在する。アントワネットはこの地に深く馴染んでいた。近くには乳母クリストフィーヌの住む家もある。クリストフィーヌは土地の黒魔術であるオービアを使うという。「バーサ」とアントワネットの本名で呼ぶ夫に「いいえ私はアントワネットよ」。

夫婦の間はうまくいかない。英国人の夫はこの地も現地人のことも好きになれない。そんな時に近くに住むアントワネットの異母弟と名乗る男から密告の手紙が届く。奴隷に横暴であったアントワネットの父のこと、狂乱した母のこと、アントワネットに最初の男がいたことなど書き連ねてあり、苦悩し猜疑するロチェスター。アントワネットがクリストフィーヌを頼っていることも気に入らない。アントワネットの隣の部屋で召使の女を抱くロチェスター。心身が不安定になっていくアントワネット。アントワネットを連れてこの地を去りイギリスに向かうロチェスター。

第3章…イギリスに向かう途中でロチェスターの父と兄は亡くなりロチェスター家の財産をすべて相続することになった夫。イギリスのロチェスター家の屋敷のひと部屋に幽閉されるアントワネット。蝋燭の炎がゆらめいて…。

あらすじと言うのは筋にしか過ぎないので、そのまわりにある雰囲気を感じ取ることが大切と思います。是非本作品を読んでいただきたいです。

作者のジーン・リース(1890^1979)もまたカリブ海で生まれた白人系の人です。16歳でイギリスに渡りヨーロッパで生涯を終えました。
アントワネットの思いはジーン・リースの思いでもあったでしょう。

エミリー・ブロンテ「ジェーン・エア」作中の『彼女(バーサ)の母親はクレオールの女で飲んだくれの狂人だったと言う一文に、自身もクレールのジーン・リースは心を痛めたのでしょうか。

バーサが精神に異常をきたしたのは家系のせいではなく、奴隷制度・プランテーション・ヨーロッパの植民地制度のなれの果て、だとブロンテに言いたかったかのもしれません。

「サルガッソーの広い海」は「ジェーン・エア」が発端なのです。
池澤夏樹さんの選書の中に「フライデー、あるいは太平洋の冥界」がありますが、これは「ロンビンソンクルーソ」のアナザーストーリーでもあります。この作品も面白かった。主人公の世界観が180度変わるところが面白い。こちらもお勧めです。

梅雨ですね。この時期にお勧めなのは高村薫「土の記」です。こちらも筋にまとわる雰囲気がすばらしい。

「サルガッソーの広い海」は妙に惹きつけられる作品でした。なのでついついブログが長くなりましたがこの辺で。


2020年4月13日 (月)

ルシア・ベルリン著「掃除婦のための手引書」 岸本佐知子訳 講談社

Photo_20200412165201ルシア・ベルリン著「掃除婦のための手引書」 ルシア・ベルリン作品集

この本は昨年随分と話題になっていたのですが、タイトルがHow toもののようで少し敬遠していました。
しかし小川洋子さんが2019年のベスト1に選んでおられたので(FM東京 Melodious Library)今回読もうと思うに至りました。

作者ルシア・ベルリン(1936~2004 ガンのため逝去)はアメリカ人。鉱石技師の父についてアラスカほかアメリカ各地・チリ・メキシコなどで暮らした。教師・看護師・掃除婦などの様々な仕事を経験し、2度の結婚と離婚をし4人の息子を育て、最後は病気を抱えながらひとり静かに暮らした人。

この本には24の短編が収められている。なのでルシア・ベルリン作品集となっている。
一編はわずか1ページ半ほどのものから、長くても20ページほど。

ほとんどの書き手はルシア自身なのだが、場末のコインランドリーでタバコをふかしている彼女が居たと思うと、次の話では歯科医の祖父を手伝う少女のルシアがいる。酩酊して事故を起こし息子に心配される彼女。母親との関係に悩む彼女。刑務所で文学を教える彼女。死期の近い妹を看護する彼女。
作品ごとの時間軸は飛び飛びなのだ。そして作品ごとに彼女を取り巻く環境が全く違う。波乱万丈と言うのとも違うかもしれない。それはいつでもルシアはルシアだからだ。他人との距離感、家族・肉親との間にも感じる距離感があって、それがルシアを個性的で確固たる女性に見せているのではないだろうか。
距離感はあっても他者を認め、自身をも認める、潔い女性である。

この作品集の中で私が好きな作は「ソー・ロング」「さあ土曜日だ」「巣に帰る」
「巣に帰る」はこの作品集の最後に収められていて、彼女の最晩年を描いているようだが、落ち着いた作品である。

本作を読んでいて私は武田百合子を思い出した。
文章に飾り気なく、それでいて細かな気づきや観察が織り込まれている。全体に木綿のような感触。
女性の短編ではアリス・マンローの作品が私は好きだが、ルシア・ベルリンのこの作品集はアリス・マンローを気取っていると感じてしまうほどに素直に心に染みた。
本を読み進めると段々と本の終わりが近づいてくる。それが悲しいと感じたのは「100年の孤独」を読んだ時以来だった。

人生いろいろあっても、長い短いがあっても、こうやってルシアのように最後を迎えられたらよいのではないかと思う。

新型ウィルスで世間も心もざわつく今日この頃、是非読んでみてください。

 

 

2020年1月 5日 (日)

謹賀新年

Images-1 明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

1月12日の新年弾き初め会は現在10名が参加予定です。まだ若干枠がありますのでもし宜しければご参加ください。

ブログコメントに書き込みでもOKです(非公開にできます)

 

暮れからお正月まで何かと慌ただしく過ごしておりました。
その中でもちょっとだけ時間があったのでこんな本を読みました。

Kimg0811

第1回から160回(2018年下まで)までの芥川賞受賞作の作品紹介と作者の紹介などが1~2ページにまとめられて書かれています。
(W受賞の年もあるので160回で180作品が掲載されています)

自分がよく本を読んでいた時期と、全く本を読んでいない時期があることに気づきました。子育てに忙しかったのだろうなあ。

この「芥川賞をぜんぶ読む」を読んで、ぜひ読んでみたい本がたくさん見つかりました。読むぞお!!

ちなみに私が好きな芥川賞受賞作は

松本清張「或る「小倉日記」伝」
森敦「月山」
小川洋子「妊娠カレンダー」
保坂和志「この人の閾」
藤沢周「ブエノスアイレス午前零時」
吉田修一「パーク・ライフ」
青山七恵「ひとり日和」

著者よりも作品で選んだのでこんな感じ。

 

2017年7月 7日 (金)

エリック・シブリン著「無伴奏チェロ組曲」を求めて

Kimg0447「無伴奏チェロ組曲」を求めて~バッハ、カザルス、そして現代
エリック・シブリン 武藤剛史 訳  白水社

ラジオでこの本のことを知り、早速図書館に予約をし、隣市の図書館経由ですぐに借りることができた。

著者はカナダ人ジャーナリスト、アコースティックギターをたしなむがクラシック音楽の専門家ではない。
そんな彼がふと耳にしたJ.S.バッハ「無伴奏チェロ組曲」第1番プレリュードに魅せられ、曲を追い求めて歴史と思考の旅に出る。

13歳のパブロ・カザルスが、バルセロナのとある楽器店の古ぼけた楽譜の中から見つけ出した不思議な楽譜。J.S.Bach Six Sonates ou suites pour Violoncello Seul

メンデルスゾーンが「マタイ受難曲」を初演し熱狂的に迎えられたのとは対照的に、カザルスが「無伴奏チェロ組曲」を初演した時には、古色蒼然とした音楽、と受け入れられなかった。
しかしカザルスが度々演奏をしたことで曲の評価はすぐに高まったようだ。

この組曲にはいまだに謎の部分も多く、著者は自筆譜をも追い求める。(残念ながらいまだ見つかったというニュースは聞かない。)
バッハの自筆譜がヨーロッパの靴箱の中から、あるいは植木に巻かれて見つかった、という話が書かれていた。紙というものが貴重だったからであろう。

バッハ、カザルス、それぞれの伝記本などは数多くあるが、一つの曲を軸にして書かれた本は少ないのではないか。「チェロ組曲」を軸にバッハとカザルスの生涯が綴られている。

ご興味ある方はご一読を。
尚、絶版になってるので購入は難しいかと思われます

ちなみに私が好きなのは第5番(BWV1011)サラバンド、東日本大震災後にセルシェルのコンサートで演奏され感動しました。

2016年12月25日 (日)

高村薫著「土の記」

Bookfan_bk410378409112月初旬に図書館に行った折、新刊コーナーで私を手招きしたが「土の記」上下2冊の本であった。書店や図書館で本を眺めていると時々本に呼ばれることがある。

寡作な高村氏の新刊なので嬉しく思い、年末忙しくて読む暇があるのかわからないが借りてしまった。そしてやはり読めないままに返却期限がせまり、クリスマスも年賀状書きも大掃除も棚上げしてあわてて読みだしたら止まらない。

普通はここで『この本のあらすじは…』と書くところだが、この本のあらすじを書き出しても無意味だと思う。

圧倒的な湿度、稲の香り、土の臭い、浮遊する思考。その中にどっぷりと浸かって読むのが良い。

老いることも天災も止めることはできず、それも日常の中におこる現象のひとつ。

高村氏の主題は難解で私には見いだせなかったが、とにかく高村ワールドを堪能した。
年末に凄い本を読んでしまった!今年の一番か。

高村薫の著作を未読の方は「照柿」をお薦めします。

2016年9月12日 (月)

村田千尋著「西洋音楽史再入門」

Kimg0291著者の村田千尋さんは東京音楽大学教授。

この本は①楽譜、②楽器、③人、④音楽の場と社会的機能、に注目して書かれています。

かなり専門的な本なので私には難しい部分も多かったのですが、色々と知ることができました。

西洋音楽がキリスト教に基づく音楽であることは多くの人が知るところですが、教会音楽から騎士、宮廷へ、サロンへ、市井へと、音楽を担う人々の移り変わりも、わかりやすく書かれています。
また楽譜の変遷、鍵盤楽器の構造の変遷も詳しく書かれています。

興味をもたれた方は一読されることをおすすめしますが、私がひっかかったワードをあげてみます。

・教会では人の声が最上のもの。楽器は悪魔の道具。ただしダビデ王の楽器竪琴と、天使の楽器ラッパは別。

Kimg0294・上の理由で楽器を演奏するのは街中では大道芸人、騎士は家来(ジョングルール=伴奏者)に伴奏させて歌っていた。騎士の歌がトルバドゥール。

・バロック時代は対比が求められたのでテラス状デュナーミクが用いられた。この時代にクレッシェンドはなかった。

・市井において、オペラが出現をして人気を博した。オペラ歌手を休ませるために楽団のみによる演奏をさせることになった。現在に続く演奏会の起源のひとつ。

・17世紀の画家ストロッツィの「リュートを弾く男」の絵は調弦をしているところを描き、これは「時間の無駄」の寓意である。

などなど、ご興味持たれましたか??

目次をちらっとどうぞ。
Kimg0293

2016年8月22日 (月)

「松尾堂」で耳にして…

NHKFM日曜昼の番組「トーキングウィズ松尾堂」、面白くて大好きな番組です。

松尾貴史さんの語り口と博識(しかも内容がおしゃれ)が最高。毎回ゲストの方々も多彩です。

先日のゲストが順天堂大学医学部教授の小林弘幸さん。「間の取り方」というテーマでしたが面白かった。小林さんは医学博士なのですがスポーツ選手や芸能人のメンタルトレーニングもされているというドクター
単に精神的にどうこうしろ、と言うのではなく、自律神経の働きを考えながらのメンタル。

さっそく図書館に行って小林氏の本を借りてきました。(近くの図書館には1冊しか蔵書がなくて残念

Photo借りてきたのは『ゆっくり生きれば、遠くまでいける 副交感神経で「最高の人生」を手に入れる

色々と示唆に富むところあり、医学的な見地に基づいているわけですが、でもそればかりではないのです。

本当の健康とは「良質な血液が細胞の一つひとつに十分に届いている状態」。
これにはまず良い血液を作る、それには腸内環境を良くして正常な活動をさせる、ことが大事なのだそうです。
そして副交感神経を上げる健康習慣。これはゆっくりを意識すること。

詳細は著作を読んでいただいた方が良いと思いますが、内容で印象的だったこと。

・水を一日1.5L飲むこと。その時に細胞の隅々まで水が行きわたるイメージを持ってのむこと。

・朝の時間をゆったりと取ること。できれば週に一日何も予定のない日を作る。

・仕事を終えたら1カ所だけ毎日片付ける習慣をつける。

・怒り出す前に検証をすること

・空を見上げる。これだけで冷静になれる。5秒吸って10秒吐く深呼吸も有効。

私がこの本を読もうと思ったのは長生きしたいためではなく、緊張をどうほぐすのか知りたかったからです。
人前で演奏をするとあがってしまうことがよくあります。場数を踏めば克服できるのかどうか、場数を踏んでいないのでわかりません。
ただ、大きな舞台でも全くあがらなかったこともあり、この「あがる」「緊張する」という現象は本当に謎です。(たぶん<うまく弾いてやろう>という自意識過剰なのでしょう)

小林弘幸さんの著作は多数あるようなので興味持たれた方はご一読を。

2016年5月 2日 (月)

石牟礼道子「苦海浄土」と高山文彦「ふたり」

以前から高群逸枝と石牟礼道子の著作を読まなければ、と思っていた。
Fさんの家で拾い上げ、お借りした「苦海浄土~わが水俣病」を長野への往復の電車の中で読み、続いて日経書評に載っていた「ふたり~皇后美智子と石牟礼道子」を図書館で借りて読んでいる最中に熊本大地震が起こった。

 高群は益城市、石牟礼は水俣市の出身である。

 この大地震で被災された方々の日々の暮らし、胸中を思うに言葉がない。
どうか、安寧の日が一日でも早く訪れますように。

さて、この2冊の本だが「苦海浄土」は水俣の芯の部分を、「ふたり」は水俣と石牟礼を外側から包むように書かれていると感じた。

519cvvwx3jl__ac_us160_石牟礼道子は水俣に生まれ、主婦として農婦として働きながら水俣病患者と交流し、夜にはその記録を書きとめ、上梓したのちは作家、詩人として、常に水俣の人々と寄り添って生きている。

 不知火の海で暮らす人々…海の上こそが極楽、と小さな船を自在に操り、獲った魚で焼酎1杯飲むだけの何の贅のない暮らしをしていた人々が、水銀に汚染された魚を食べていたために体の自由を奪われ、極楽であるはずの海は禁じられた海となり、命も奪われた。

「苦海浄土」には人々の暮らし、発病の様子、行政の対応、公害病と認定される経緯などが詳細に書かれている。石牟礼が自分の足で訪ね歩き、目で見た様子が描かれている。

巻末に…「苦海浄土」は石牟礼道子の私小説である」…という一文があった。
確かに水俣は石牟礼自身であって、ルポルタージュという何か他人事を描いているものとは違うと感じた。
「苦海浄土」はすべての人が読まなければならない著作であると思う。読んでほしい。

41rrz9uvgl__ac_us160_続いて読んだ「ふたり~皇后美智子と石牟礼道子」。著者の高山文彦は数多くのノンフィクションを上梓し、小説も書いている作家である。

「ふたり」は石牟礼と美智子皇后の交流・両陛下の水俣訪問・皇后陛下の思い・水俣訴訟・闘病中の石牟礼の現在が書かれている。

2013年10月27日、「全国豊かな海づくり大会」出席のため熊本にいらした両陛下が水俣に立ち寄られ、皇后陛下の強いご希望で急遽、胎児性水俣病患者に会われた。この時の話が全体の核となっている。
雅子妃とチッソの関係がなければ、おそらく両陛下はもっと早い時期に水俣病患者を見舞わられただろう。
ご高齢になられた両陛下が今行かなければの思いで、おそらく周りの意見を振り切ってのご決断だったのではないかと思う。

この作品の中で印象深かった箇所がいくつもあるが、一文を

…無差別大量毒殺行為をおこなったに等しいチッソと、そちら側に立って嘘八百を平気で言いつのりいじめ抜いてきた国家や地方行政…

…湾を埋め立てたその地下には汚染魚が詰め込まれたおよそ3000本のドラム缶が埋まっている…

水俣と福島が重なって見えた。

この2冊の読後感を書くのはずいぶん逡巡したのだが、昨日5月1日は水俣病認定から60年ということで、新聞やネットニュースにも水俣病について大きく触れられていたので、あわててこのブログを書きあげた。

Kimg0185Kimg0184

現在でも病気に苦しみ、しかし認定を受けられない人々も大勢いる。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160501-00000047-mai-soci

不知火の海で漁業ができなくなった人々が山を開き、甘夏ミカンを作っている。
私はこの「きばるの甘夏」を毎年購入して、おいしいピールやマーマレードを作る。
130211_131801
無農薬なので見た目は悪いが、安心して皮まで食べられる。
今年は残念ながら不作で購入数が限られてしまった。
以前に作った写真と
作り方

拙文にお付き合い頂きありがとうございました。

2016年2月 5日 (金)

フィオナ・マクファーレン著 「夜が来ると」

51ogfliusjl__aa160__2フィオナ・マクファーレン著 「夜が来ると」北田絵里子訳(早川書房)

しばらく前の「日経」書評欄に出ていたので読んでみました。

著者のフィオナ・マクファーレンは1978年オーストラリア生まれ。初の長編の本作で多くの受賞をしたようです。

あらすじ…オーストラリアの海辺の家に一人で暮らす75歳の老婦人ルーシー。夫は他界し、長男はニュージーランド、次男は香港に住んでいる。
ある晩、ルーシーは隣のリビングを獣が徘徊する気配で目が覚める。熱帯の獣、トラにちがいない。どうしたらよいのか…気づくと朝で、獣の気配は消えていた。

そんな朝に、市から派遣されてきたというフリーダがやってくる。ルーシーが子供の頃に住んでいたフィジーの出身だという。髪を毎日違う色に染め、体格の良い、やや強引なフリーダ。床をピカピカに磨き上げ、食事を作り、ルーシーの髪を洗う。だんだんとルーシーはフリーダを頼もしく思うようになる。トラがいたのよ、と言うルーシーに、フリーダは庭に柵を巡らせ、落とし穴を掘る。初恋の人を家によびたい、と言うルーシーの手助けをするフリーダ。息子たちは母親の変化を電話で感じて、様子を見にくると言う。…

読後感は☆☆☆☆☆

最後にはフリーダの正体が明かされます。
認知症の話とも、オレオレ詐欺の話とも違う。
老化していく自分へのアンコンシャスな不安だったり、幼少期の家族と親になってからの家族とのかかわり方。
読後感は読んだ方それぞれ色々考えられると思いますが、いまひとつわかりにくいかもしれません。

2015年7月 4日 (土)

西村雄一郎著「映画でクラシック!」

Dscf4393
 図書館で面白そうな本を借りてきました。

 新潮社 2007年 西村雄一郎著 「映画でクラシック!」

 著者は映画評論家・音楽評論家・映像クリエーターなど各方面でご活躍の方とのこと。

音楽雑誌「モーストリー・クラシック」に連載されてものを1冊にまとめて出版されたようです。

目次を見ると好きな映画と興味深いクラシックの名曲が並んでいました。

中に「誰がギターの超名曲を作曲したのか?…禁じられて遊び」という項もあります。

Dscf4394
本書には、「血と砂(1941)」ですでにこの曲が使われていること、アントニオ・ルビラの「アルペジオ練習曲」原曲説にも触れられています。

その上で、著者がルネ・クレマン監督に直接インタビューをした話が載っています。
『イエペスに古い時代のスペインの曲で何かいい物を弾いてみてくれと言ったところ、活発な曲でメロディーの気に入ったものがあった。それをゆっくり、短調にして弾いてみたら、と提案した』と書かれています。

また、朝日新聞の記者がイエペスにこの曲について話を聞こうとすると『頑ななまでに話そうとしなかった』という話も載っています。

どうも、はっきりしたことはわかりません。
ルビラの曲ありきだったのか、スペイン古謡に似たようなものがあったのか…。

今月末に「愛のロマンス」を弾く機会があるので、もう一度映画「禁じられた遊び」を見ようかと思っています。

さて、クラシック絡みのわたしのオススメ映画。

☆ルイ・マル監督「恋人たち」(1958 仏)  ブラームス「弦楽六重奏曲1番2楽章」が印象的に使われています。ジャンヌ・モローが最高。(ギター二重奏版も有名ですね。)

☆ルキノ・ヴィスコンティ監督「ルートヴィヒ」(1972 伊・仏・西独) ワーグナーが満載です。

twitter

ブログパーツ

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ