« 6月11日(土)「斎藤明子とうおうさおうコンサート」 お知らせ | トップページ | 軽井沢アマデウスバンドCD発売と「第30回弾き回し会」のご案内 »

2016年6月20日 (月)

2016.6.11「斎藤明子とうおうさおう」コンサート 行ってきました

13336069_611843838965150_2467095610
6月11日(土) 安曇野市穂高交流学習センター「みらい」で行われた「斎藤明子とうおうさおう」コンサートに行ってきました。
斎藤明子さんのソロ演奏とおじさんたち3人がそれぞれ斎藤さんとデュオ、最後に4人での重奏あり、という演奏会です。

 

プロとアマチュアとのデュオ、と言うのは私は聴いたことがなかったので、興味津津でした。
さらに私はおじさんたち3人を存知あげており(明子さんへとギターへの熱い想いも知っているので)、とても楽しみに会場に向かいまし
た。

Dscf4660_2
Dscf4659_2お天気も良かったのでtrainで穂高に向かいました。
大糸線は観光客で混雑。

穂高駅から穂高神社の脇を通ると麦畑。
安曇野はちょうど麦秋でした。麦の良い香りがする道を「みらい」まで10分ほど歩きます。

Dscf4665
Dscf4661「みらい」到着。今回は受付係でしたので受付の用意など。
ホールの舞台ではセッティング、音合わせなど行われています。
お客様も早い時間から続々とお越しいただき、受付もあたふた

開演時刻5分前になり、ドアを閉めようと思ったら、もう斎藤明子さんがステージでお話しされていました。早くお越し頂いたお客様へ1曲プレゼンとのこと。ヴィラ=ロボス「ショーロス1番」が演奏され、続いて本篇のプログラムが始まりました。

Dscf4674_3まずは斎藤明子さんのソロ。メルツ「ハンガリー幻想曲」です。楽器についてや曲についてのお話しも楽しかったです。
この曲は10弦ギターのために書かれた曲です。普段は6弦ギター用に編曲されたものを聴いていましたが、今回初めてライブで10弦のメルツを聴くことができました。音の出しかたの違いに圧倒され、そして多彩な響きに感動しました。

続いて、アマチュアと斎藤さんのデュオ。

 

まずは左翁の和田さん。演奏の前には斎藤さんとの楽しいトークがありました。ロウズの「組曲」を演奏。
2番手は中翁の金森さん、ソル「ディベルティメント」を演奏。あこがれの明子さんの横でド緊張していました。
3番手は右翁、松岡さん。ボッケリーニ「序奏とファンダンゴ」。ノリのよい曲です

Dscf4676Dscf4678

Dscf4684_2

3人の翁の皆様、熱演でした。

この後は休憩をはさんで後半は斎藤さんのソロから始まりました。

演奏の前に、斎藤さんのスペイン留学のお話しや、音楽に対するお話がありました。
アンヘル・バリオス「トナディーリャ」、カタロニア民謡「聖母の御子」「盗賊の歌」、タレガ「アルハンブラの想いで」、グラナドス「アンダルーサ」を演奏されました。素晴らしかったです。

プログラム最後は「うおうさおうQuartet」によるバレエ組曲「くるみ割り人形」から「行進曲」と「花のワルツ」。

Dscf4690_2

がんばったおじさんたちに拍手です!おつかれさまでした。

当日のプログラム。素敵なイラストは斎藤さんのお父上、斎藤融氏によるものです。

13307278_610064602476407_6111650384

« 6月11日(土)「斎藤明子とうおうさおうコンサート」 お知らせ | トップページ | 軽井沢アマデウスバンドCD発売と「第30回弾き回し会」のご案内 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1407229/66113029

この記事へのトラックバック一覧です: 2016.6.11「斎藤明子とうおうさおう」コンサート 行ってきました:

« 6月11日(土)「斎藤明子とうおうさおうコンサート」 お知らせ | トップページ | 軽井沢アマデウスバンドCD発売と「第30回弾き回し会」のご案内 »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ