« 「竹久夢二と中山晋平」展 | トップページ | フィオナ・マクファーレン著 「夜が来ると」 »

2016年1月10日 (日)

2016.1.9第27回弾き回し練習会 参加してきました

1452408829972_22016年になり初めての弾き回し練習会が1月9日(土)茅野市民館・アトリエで行われました。

この冬は暖かく、雪も降らず、こんなことは初めてです。この日も晴天に恵まれました。

今回演奏参加者は茅野市5名、原村、安曇野市、千曲市から各1名でした。冬の時期で演奏者こそ少なかったですが、10名程の方が聴きにいらして下さいました。

いつものように開場セッティングをして各自開演時間まで練習。14時開始です。

私はあえての1番バッターを選んでみました。まあ、何番目に弾いても同じです。今回弾いた曲はジャン=マリー・レイモン「絆」です。3楽章のトレモロが崩壊しました。やはり緊張しますね。今年の課題は「人前でもトレモロがきちんと弾けること」で決定

Dscf4490今回の弾き回し会ではご夫婦デュオがありました。茅野市Mackさんは奥様の大正琴とのデュオで「アルハンブラの思い出」をご披露してくださいました。奥様が大正琴でトレモロ部分、Mackさんのギターが低音部です。息のぴったり合った心温まる演奏でした。→→

ギターのデュオも1組、初の組み合わせで「スズムシさんとやっくん」デュオです。1度しか合わせの練習をしていない、とのことでしたが、そうは思えない演奏でした。「ヴィヴァルディ、マンドリン協奏曲」「ソル、アンクラージュマン・カンタービレ」を演奏いただきました。

参加者皆さんの詳しい演奏内容については主宰者Poranさんの弾き回し会ブログをご覧ください。

一通りの演奏が終わったあとで、今回初めてお越し頂いた若き製作家、茶位正樹さんのギター試奏会をしました。3人が小品を茶位さんのギターで弾きました。

12494679_967390720008411_5152837679茶位正樹さんは小林一三さんのもとで3年修業したのち茅野に帰郷、現在はお父上の茶位幸秀さんとともに製作されているとのこと。(ウチのご近所です)
今回お持ちいただいたギターが自身2本目の製作とのことでしたが、とてもそうは思えません。明るい音色で良く鳴り、すぐにも大ホールで弾けるレベルと感じました。これからが楽しみです。
私も弾かせて頂きました。ギターが大きく見えますが普通サイズです。

予定時刻に終わり、会場の掃除を皆でして、市民館1階のカフェ・アンダンテで交流会です。茶位さんのご紹介でKさんも一緒に加わっていただき、皆で楽しい話に盛り上がりました。

Dscf4512_21452408838919_1
市民館から見た八ヶ岳。高い建物は市役所です。




次回弾き回し会は3月ですよ!

« 「竹久夢二と中山晋平」展 | トップページ | フィオナ・マクファーレン著 「夜が来ると」 »

弾き回し会」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでした、また演奏を聴かせてください。

あるかんへるさん コメントありがとうございます。またお会い致しましょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016.1.9第27回弾き回し練習会 参加してきました:

« 「竹久夢二と中山晋平」展 | トップページ | フィオナ・マクファーレン著 「夜が来ると」 »

twitter

ブログパーツ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ