« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月17日 (土)

書店が消える

1445064002615私が住んでいるこの小さな市で一番大きい書店(と言っても中規模だが)が今月末で閉店してしまう。
通販で本を買うことが日常となった今、書店閉店という現象は世界中のあちらこちらで起こっているのだろう。

私が文芸書を読みたいときは図書館に行く。今は県内の図書館どこからでも取り寄せてくれるので大概は読むことができる。
施設に居る母のために週刊誌を買うときは近所のコンビニで買う。
電車の中で読む文庫を買うときは、とりあえず中古店に行く。中古店になければ通販の中古本をネットで探す。送料を足しても1冊200円300円で買えてしまう。

これでは街の書店は消えるわけである。
でも街の書店は楽しい。本好きにとってはパラダイスだ。
大きな町の大きな書店はファッションビルに行くより、アウトレットに行くより、何より楽しい。
CDやDVDも置いてあればなおさら楽しい。
きれいに並べられた文庫コーナーの背表紙を見ているだけでワクワクする。
手にとってパラパラと眺め、でも文庫で1冊800円か、と思うと棚に戻してしまう。

高校生の頃、学校帰りに毎日のように通った書店は今も健在だ。
善光寺さんのお膝元で夏はかき氷を食べ、そのあとで書店と文具店を覗くのが日常だった。
あのときに買った「風と共に去りぬ」「エデンの東」「クレーブの奥方」…岩波や新潮の文庫本は今でも取ってある。本を十分に買うだけのお小遣いは親からもらっていたのだろう。

若い時に、時間のあるときに、体力のあるときに、記憶と感性が確かなうちに、本を読むべきだ。知らない国の知らない時間が書かれた本を読むことを勧めたい。キンドルでもいい。短編はいつでも読めるのだから、若い時分には長編を読んだ方がよい。
「本を読んで何の得があるのか?」と尋ねられたら、「損得ではない」としか私には答えられないが…。読書を損得で考えるのは今の国政と同じ考え方になってしまう。
本を読もう。book

右上の写真は、その閉店予定の書店で買ってきた本。
読書のお伴は東御市の老舗お菓子屋さん、花岡の「くるみの初恋」と丸山珈琲の「白樺ブレンド」。

10月初めに長野市に行ってきました。私の高校時代の通学路↓の写真です。
(左の写真から)善光寺仁王門をくぐり右手にあるのが長門屋、かき氷を毎日食べたお店です。久しぶりに本堂まで行きお参りをしました。
一番右の写真、よく通った文房具屋さん。長野の街は文化があって大好き!
1444949254902_21444949283928_41444949229728_41444949201081

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ