« 7/11この街学園「ハーブ祭」今年もありますよ! | トップページ | 西村雄一郎著「映画でクラシック!」 »

2015年6月26日 (金)

香りの記憶

標高1000m近い我が家では、5月の終わりからバラが咲き出す。

今は遅咲きのイビザと房咲きのフェアリーが次々と花を咲かせている。

私が通っていたカトリックの保育園の庭にはたくさんのバラが植えられていた。

豊かな色と香りと、その中の聖母像。

滑り台など遊具のある場所よりも大好きな空間だった。

バラのトゲで顔に傷を付け、横一文字に赤チンを塗られたことを思い出す。

ピースという古くからあるバラの香りを嗅ぐと、あの頃に一瞬にして連れ戻される。

最近、知人が頭のケガの後遺症で嗅覚を失ったと聞いた。

五感があることに感謝して日々を送りたいと感じた今日この頃。

1435275355997
1435276692034

« 7/11この街学園「ハーブ祭」今年もありますよ! | トップページ | 西村雄一郎著「映画でクラシック!」 »

駄文deエッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香りの記憶:

« 7/11この街学園「ハーブ祭」今年もありますよ! | トップページ | 西村雄一郎著「映画でクラシック!」 »

twitter

ブログパーツ

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ