« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月26日 (火)

世田谷美術館「ボストン美術館・華麗なるジャポニズム展」行ってきました

8月23日(土)cloud空の中、東京に行ってきました。
この日は午後からアマチュアコンクールがあり、応援のために上京、その午前中に世田谷美術館まで行ってきました。

003_2
渋谷から東京田園都市線で用賀へ、用賀駅からは美術館の専用バスがありました。100円!ラッピングも楽しいhappy01

 ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展
            印象派を魅了した日本の美
 


今回は絵画・浮世絵・工芸品約150点の展示です。
目玉は修復後初公開のモネ「ラ・ジャポネーゼ」です。有名な絵ですね。

ボストン美術館は日本のすばらしい浮世絵が多数コレクションされていることで有名です。
またそれと比較できる西洋の絵画なども多く所蔵されていることを知りました。

Img_0002今回の「ジャポニズム展」でも、広重や歌麿、北斎、国貞などの浮世絵と並んで、それに影響を受けた西洋絵画が展示されていて、大変わかりやすかったです。

浮世絵の構造や色遣いから影響を受けた西洋絵画など美術品や、浮世絵の木・鳥の形など、一部の図案ををそっくり拝借したような西洋絵画もありました。

ボナールの、よく目にする窓のある室内の風景も、実は浮世絵の縦線を強調する描き方に影響を受けていたのですね、びっくり。

昔、ヨーロッパに陶磁器を日本から輸出する際、浮世絵に包み、それが欧州で人気になった、と聞いたことがあります。
また1862年のロンドン万博、67年のパリ、76年フィラデルフィア、そして78年のパリ万博で日本熱は最高潮となったようです。

確かに多くの展示作品を見ていると、浮世絵の構図と色遣いはお洒落であり、見飽きない安心感がありました。
当時の西洋人にとっては衝撃的な文化であり、なんともお洒落に思えたことでしょう。

目玉のクロード・モネの「ラ・ジャポネーゼ」は2mを超える大作です。
真っ赤な打ち掛けのぼったりとした質感、紅葉の金色の刺繍や武者の立体感などすばらしいです。床にはござが敷き詰められていますが、日本から輸入されていたのでしょうか。

展示の浮世絵は「東海道五十三次」「富嶽百景」など、どれも有名なものばかり。(昔、お茶漬けのおまけになっていたなあ)
ロートレックの版画も多く、ガレやティファニー社などの工芸品、モネ数点・ゴッホ・マチス・ピサロ・ムンク・ベルナールの絵画、ビアズリーやゴーギャン・ドガ・マネなどのリトグラフ等々の展示があります。

今回、アーサー・ウェズリー・ダウを初めて知りました。日本の藍色から影響を受けたと言う青写真(サイアノタイプ)ですが、日本人には好まれると思います。素敵でした。

音楽でもドビュッシー始め、日本の影響を受けた人は多いですね。また勉強しなきゃsweat01

Img_0001                                     ↑クリックで大きくしてご覧ください

のんびり美術展を見ていたら、アマチュアコンクール最終予選出場のT先輩から「2番くじ引いた」とのメール。ルネッサンスのあっこちゃんは8番!ふたりとも出番が早い!大急ぎで三鷹に向かいましたbusdash

美術も音楽もとても勉強になった一日でした。お土産は船橋屋のくずもちheart04

2014年8月17日 (日)

今日のおやつ~バナナケーキ

暇なお盆休みです。
002bananaバナナケーキを作りました。
レーズンを入れるとバナナの甘みが押さえられて飽きずに食べられます。

〈材料〉
無塩バター(もしくは製菓用マーガリン) 100g
砂糖 150g、薄力粉 200g、卵 2個、バナナ 2~3本
ベーキングパウダー 小さじ2、ヨーグルト 40g
(好みで洋酒漬けのレーズン、くるみ、アーモンド)
18㎝ケーキ型(無塩バターを塗っておく、または敷き紙をする)

〈作り方〉
①バターは室温に戻し、柔らかく練る。砂糖100gを少しずつ加えながらさらに練る。
②卵黄2個をほぐし、①に少しずつ加えながら良く混ぜる。
バナナは飾り用に輪切りにしたものを取っておく。残りは荒みじんに切るか、フォークでつぶし生地に混ぜる。(バナナがお好きな方は3本入れたほうがおいしい。)
生地にヨーグルトも加えて混ぜる。
(レーズンなど入れるときはここで入れます)
③薄力粉とベーキングパウダーを混ぜてからふるっておく。
④卵白を乾いたボールに入れ泡立て器で良く泡立てる。途中で砂糖50gを加えしっかり泡立てる。
⑤②の生地に泡立てた卵白1/3を入れ、泡をつぶさないように良く混ぜる。ふるった粉1/3を入れさっくり混ぜる。これを繰り返す。生地のできあがり。
⑥ケーキ型に流し入れ、飾り用のバナナを上にのせてオーブン160℃で50分焼成。

今回は20㎝の角型にしたので焼成時間は45分にしました。
18㎝型にすると結構厚みがあります。良く焼いてください。

140814_134901_2
私がケーキを焼いた日、東京に遊びに行った娘のお土産が、某東京Cホテルのバナナケーキ(・.・;)。東京Cホテルにしっかりと勝ったケーキです(*^^)v。

暇なので長編小説を読んだり、練習もちょっとしています→

2014年8月11日 (月)

第6回ティアトカ長野夏合宿 終わりました

Photo今年もティアトカ長野の夏合宿を行いました。8月9日(土)~10日(日)、場所は昨年第5回と同じ、長野県北佐久郡立科町、女神湖近くのペンション「優しい時間」です。

ギタアンOB会としてハギさんの音頭で始まったこの会も、第6回となりました。
このブログを始めたのも、その様子をOBメンバーに知ってほしくて、第2回目を機に始めました。

今年集まったのは、ティアトカ主軸メンバー6人と初参加のI先輩(ウン十年ぶりの再会です)、ほかに昨年もゲスト参加をお願いした上田市の若手Cさんと信大出身若手Kさん、ティアトカ合宿には2回目の参加をお願いした埼玉の名手Aさん、総勢10 名です。
たまたまこの日「優しい時間」に宿泊された神奈川のSさん御夫婦、御主人がギターを弾かれると言うことで、一緒にご参加をお願いしました。

9日(土)は台風が近づく中、茅野駅でT先輩とI先輩をピックアップし、幸い雨にあたらずに2時に現地着。長野組も到着、埼玉からのAさん、一番近くからのCさんはすでに指慣らし中でした。
神奈川県から御旅行でお越しのSさん御夫妻にも参加頂き、3時からミニコンサートです。

①ハギさん「シューベルトのセレナーデ」メルツ編
②ハギ奥様 「ノクターン」 ヘンツェ
③かおりちゃん 「ヘンデルのサラバンデ」

002004005


④ワタシ(画像なし) ポンセ「南のソナチネ 第1楽章」
⑤ナベさん 左指腱切断がまだ治りきらず「禁じられた遊び」など。でもさすがの演奏でした。
⑥オーナー大道寺さん 杉の河野とラミレスを使っての演奏。さて写真はどちら?(↓真ん中の写真です)
⑦上田市の若手Cさん 「オンブラマイフ」(良かったheart02)「バッハのシャコンヌ」より中間部抜粋

009011013_2

⑧ツルさん 佐藤弘和「素朴な歌」、ソル「第2幻想曲」 8/23のアマチュアコンクール最終予選に出場されます。
⑨神奈川県からお越しのSさん ヴィラ=ロボス「ガボット・ショーロ」 御参加ありがとうございました。

夕食準備のため、ダイニングホールをいったん撤退。その間にナベハギデュオが練習していました。↓
015016018


019さて、ディナータイムbar。オーナーのお料理は本当においしいです。022_2
(食べるのに没頭していて写真ナシですcoldsweats01
この日は自家製生ハムの前菜に始まり、野菜たっぷりのスープ、白身魚のソテー、絶品の自家製ロートビーフ。
デザートのガトーショコラとコーヒーを頂く頃には、奥様のピアノ演奏もあります。→
この日はアンドレ・ギャニオンの「明日へ」「ありがとう」を聴かせて頂きました。「優しい時間」と言うドラマの曲です。

026027030

↑夕食後は引き続き宴会をしながら、ギターを勝手に弾いています。
(左)名手Aさんの滑らかなバッハ1006aや魔笛などなど聴かせて頂いたり、(中)ツルナベハギさんトリオの演奏あり、Sさんにもヴィラ=ロボスやボサノバなども弾いて頂きました。
(右)前日に指をはさんだとのことでミニコンサートでの演奏はパスのKさん、お酒で痛みがマヒしたのかも、ヨークをたくさん弾いてくれました。

女性陣は(付き合い切れないので)お風呂に入って寝ましたが、男性陣はCDを聴いていたり、オーナーとツルさんのチェロ演奏あり、遅くまで楽しんでいたようです。

↓翌朝、あさめしまえにギターを弾く若者

033朝食後はちょうど晴れ間があったので皆で記念撮影(冒頭の写真です)。撮影ナベさんcamera

台風が心配されましたが、あずさbullettrainも無事着いたようで良かったです。
I先輩は奈良からのお越しでした。これに懲りず、是非来年は御夫婦で御参加下さい。

今回ゲスト参加で埼玉からわざわざお越しいただいたAさん、アドバイスも頂き本当にありがとうございました。また演奏を聴かせてください。
心強い若手たちもありがとう、楽しかったです。切磋琢磨して頑張ってほしいです。

ペンションオーナーの大道寺ご夫妻、お世話になりました。来年6月には奥様のピアノと伊藤博志先生のアランフェス全曲演奏が「優しい時間」であります。詳細はこちらで。http://www.yasashii-jikan.com/  (「お知らせ」をクリックするとコンサートの案内が出ます。チラシもダウンロードできます)

皆さん、お疲れ様でした。またお会いしましょうhappy01

2014年8月 4日 (月)

ペペ・マヤ“マロテ”さんのフラメンコ

003昨日8/3(日)蓼科のバラクライングリッシュガーデンに行ってきました。
おめあてはスペインフェア」でのペペ・マヤ“マロテ”さんのフラメンコ演奏。

週末忙しかったのですが、何とか所用を詰めて済まし、日曜日午後3時半の回に間に合いました。家からcardashで15分です。

ペペさんはグラナダ出身、父からギターを習い15歳でデビュー。グラナダでは各方面でご活躍されていたようです。現在は東京在住で池袋で教室も開かれているようでした。

英国式庭園の中にあるイベントテントでの30分弱のコンサートでした。
曲はフラメンコの曲を数曲(曲名不明)、ペペさんのオリジナルもあったのではないかと思います。
いかにもフラメンコな感じの曲あり、また、ヨーク風なモダンな感じ+ラスゲアード満載な曲あり、でした。
本場のフラメンコギターの演奏を聴く機会が田舎では少ないので、嬉しい企画でした。来年もお願いしたいです。

ペペさんの演奏中の様子はバラクラのHPでご覧ください。http://www.barakura.co.jp/information/

004終了後に近辺の写真を取っていたら、スタッフの方がペペさんとの写真を撮ってくださいました。

バラクラのスタッフの方々は皆さん親切です。

庭の手入れをしていたガーデナーさんに、モナルダの花後の処理の仕方を教えて頂きました。(花が咲き終わったら、花の下1節あたりで切ると、切り戻しでまた咲くようです)

庭園のバラとユリは花が終わり、今はモナルダ(ベルガモット)、フロックス、アナベルが盛りでした。
かわいい「不思議な国のアリス」の庭が出来ていましたよ。

006007008

009010011

↑ハートの女王、顔出しして写真を撮ってもらえば良かった。性格もぴったりだし…。

最後の写真はバラクラの入口です。ここからショップ(ガーデニングのグッズ、苗木、フードショップ、ファッション)までは無料で入れます。庭を見るには入園料1000円です。
屋根の後ろの大きなライムカラーの木はシンボルツリーのアカシアです。

皆さん、涼しい蓼科にお越しください。

ちょうど先週のレッスンで「ラスゲアードの研究」を宿題に出されていたので、この日は良い勉強になりました。手首を軸にしたpとi指での早い回転のラスゲアードや、たたきつけるようにpでメロディーを弾き、他の指でラスゲアードをし、かつゴルペ板を叩き、フラメンコの奏法は特殊です。勉強します。(ただ、指が関節炎か腱鞘炎になりそうです)

2014年8月 3日 (日)

夏休みにオススメな本

世間一般は夏休みのようです。茅野市内も県外ナンバーの車で混雑してきました。

51riatmthl__sl500_aa300_今回はゆっくりと時間があるときにおすすめの本をご紹介。

ハワード・グッドール著 夏目大訳
「音楽の進化史」
河出書房新社

Howard Goodall  "The Story of Music"

著者はイギリス人の作曲家。

本著では紀元前4万年のクマの骨笛にはじまり、現代のポップスまで論じられています。 

部分的に(例えばルネッサンス期からバロック期、ヘンデル、ベート-ベン、リストからワーグナー、国民音楽)は詳細に書かれており、バッハやモーツァルトの音楽についてはページ数はすくないです。
ルネッサンス期の音楽、ダウランドとモンテヴェルディは音楽の転換期となった、ロシア革命前後の音楽とそれとは対照的なフランス音楽など、面白く読めました。

けして読みやすい本ではないので、時間のあるときにじっくりお読みください。
(私は図書館から借りてきましたが、貸出期間を過ぎてしまいました。ごめんなさい!)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ