« 3/29「第16回クラシックギター弾き回し練習会」終わりました | トップページ | 5/24第17回クラシックギター弾き回し練習会 ありますよ! »

2014年4月18日 (金)

ガルシア・マルケス

「ノーベル文学賞」受賞者、ガルシア・マルケスが亡くなったとのこと。享年87歳(母と同年だったのか)。
近年は入退院を繰り返しているとか、痴呆症とか言われていたが、長く世界的に活躍していた人だった。

41irt9xql__sl160_ 「100年の孤独」はマイベスト1である。(たぶん2位は「透明人間の告白」で3位は泉鏡花の「女客」。まあ気分に応じて変わっていますが)

「100年の孤独」のあらすじを言え、と言われてもうまくは表現できない。
ファンタジーと言う人もいるけれど、そうとも、ちがうとも言える。

とにかく一種独特の世界なので、長編ですが、読んでみてください。

「富も名誉も戦争も革命も泡のようなもの。生命の樹のように、真実を見つめて長く生きろ。」と言われている気がする。女性の素晴らしさも賛美されていると思います。

このところ私事に忙しく(廃棄物処理業者と化しています)、ブログ更新ができません。すみません。
まとめて最近の写真をアップします。

4月6日雪
001 003

009 4月13日(日) 軽井沢 大賀ホール 演奏者ラウンジにて→
逆光の中の怪しい人々。演奏会終了後の演奏者+製作者の図
聴衆も若干怪しい人々でした。

前半は2台の19世紀ギターによる古典もの。
最初の音が響いた瞬間から、モダンとはちがう典雅な響きに魅了されました。(弾いてみたい欲求が…)

後半はハウザーⅠとラミレスによる、これまた古典もの。
和音になっても音が潰れないというか、さすがにどちらもすばらしい音でした。
難しそうな曲ばかりでしたが、クラシカルで重厚な曲のオンパレードを堪能してきました。

今回は軽井沢まで道を間違えずにたどり着けましたscissors

今は松本市の桜が満開。茅野はようやく咲き初めです。
写真、左2枚が松本市 内田の桜、右端は松本市弘法山古墳。遠くから眺めると桜餅のようです。

003_2 004
007

« 3/29「第16回クラシックギター弾き回し練習会」終わりました | トップページ | 5/24第17回クラシックギター弾き回し練習会 ありますよ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1407229/55829573

この記事へのトラックバック一覧です: ガルシア・マルケス:

« 3/29「第16回クラシックギター弾き回し練習会」終わりました | トップページ | 5/24第17回クラシックギター弾き回し練習会 ありますよ! »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ