« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月22日 (土)

大雪騒動とヴォイトレ講座

004 〈大雪〉
2014年2月15・16日と、関東甲信地方で降った大雪。こんな大量な雪は初めてです。

我が家のボロヴィッツとオンボロハリアーが見事に埋まり、まるで造形美。

17日の朝は、駅までの往復10キロの道が1時間半かかり、それだけでぐったり。
道幅が狭くなっていて交互通行がうまくできないことが原因です。
どこも同じ状況だったでしょう。
ようやく除雪が進み道幅は確保されていますが、連日氷点下10度まで下がり、日中も2℃ほどまでしか上がらず、残雪が道路に凍りついています。

でも、庭の花たちには恵みの雪。地中の球根は湿度・温度が保たれて、春の開花が楽しみです。

〈ヴォイトレ〉Image
さて、そんな雪が残る中、長靴履いてボイストレーニング講座に行ってきました。某Sクラブ生協茅野支部の主催です。講師の松島先生は茅野市在住の組合員の方。(確かイタリアに留学されていたくらいのプロ)

雪の影響で受講生は10名ほどでしたが、丁寧な指導が受けられました。
堅苦しい発声法ではなく、実際に歌いながら発声法の感覚をつかんでいきます。

私は小・中・高と合唱部だったので(かなり厳しい部活だった)、久しぶりに声が出せて気持ち良かったです。

松島先生のご指導の中で、ギターの演奏にも通じるところがいくつもありました。

まず、ブレス。ギターはブレスしない楽器ですが、やはりメロディーのブレスにあたるところでは深いブレスが必要と言うこと。フレージングができてきます。

フレーズの終わりで脱力してしまわない。音形・音量は下がっても意識は上げて緊張を持続させる。

高音を出す時ほど体の力を抜く。ギター演奏の時も体にヘンなちからが入っていると音に伸びがなくなる気がしますし、速いパッセージやアルペジオが弾けません。

響かせる、ということも重要だと思います。響きを楽器に任せるのではなく、演奏者が楽器を響かせる意識、と言うか、う~ん、表現が難しいなあ。
歌の場合はおでこのあたりに響きを集めて、それをさらに遠くの壁に投げつけるような感覚で声を遠くに飛ばします。ギターでも、ホールの壁に音のかたまりをぶつける感覚が必要だと思います。音量で音を飛ばすのではなく、意識で飛ばすと言うか…、う~ん、わかります??

ということで、ヴォイトレ講座、私には得るところが多く、楽しかったです。

2014年2月13日 (木)

ヴォイトレ体験しませんか?

Img ヴォイストレーニングの無料体験あります。1回の講座です。

2月19日(水)午前10時から12時
茅野市宮川 茅野市文化センター3階 音楽室

プロの声楽家による基礎的な発声法の指導を受け、歌を楽しみます。
終わった後は簡単なお菓子と飲み物を用意しております。

場所があまり広くないので、茅野市の方優先とさせていただきます。
企画は生活クラブ生協 茅野支部。
組合員でない方も、老若男女関係なく、無料でご参加頂けます。

日頃のストレス発散にいかがですか?

ほかにも楽しい企画が2.3月はたくさんあります。チラシをクリック、拡大してご覧ください。

問い合わせは0266-24-0211生活クラブ岡谷センター 後藤さん

もしくは右「メール送信」機能でワタクシまで。 

一緒に楽しみましょう!

2014年2月 9日 (日)

NHKラジオ高校講座「音楽Ⅰ」と大雪

140208_161601 昨日、2014.2.8(土)は関東甲信越が大雪でした。

8日は姪の結婚式で東京に行く予定でしたが、特急も高速バスも運休なので止むなく欠席しました。姪のKちゃん、ごめんね。

雪は結局50㎝近く積もり、「雪かき」から「雪上げ」作業となり、かなりの体力消耗です

*******************************************

さて、ブログのタイトルのNHKラジオ高校講座「音楽Ⅰ」の話。

いつもラジオを聴きながら家で仕事をしているので、NHKの番組表をチェックするのですが、「ギター」という文字にひっかかったのがこの番組。番組内容を調べるとゲスト「鈴木大介」さん!

当日(2/6)の夜の放送だったのですが、あわててtwitterでつぶやいたところ、何人かの方にリツイートや返信頂きました。ありがとうございました。

内容は高校の教科書にそって、ギターの簡単な歴史と、実際にギターを弾いてみようと言うものです。『では、有名なアランフェス協奏曲の第2楽章冒頭を弾いてみましょう』と、講師の先生。エッ??いきなりそこ弾くの?ギターパート?…とおもったら、単音で旋律をタリラー。全くの初心者なら、他の曲でも良いと思いましたが…。

初心者の講師の先生に、大介さんが的確なアドバイスをされていました。あとは大介さんのラグリマの演奏付き。短かったので生演奏だったのでしょうか…。

この講座はほかにも面白そうな内容満載です。ネットでそのまま内容を聴けるので、時間のあるときに少しずつ聴いていこうかと思います。http://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_music/

娘の高校時代の音楽の教科書には、村治佳織さん大萩康司さんが載っていた記憶があります。
(そういえばウチの娘②はテストで出たロドリーゴの写真に《エセタモリ》と解答しました。まあ、たしかにサングラスかけてはいるけれど)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

久々にレッスンを受けました。

ソルの練習曲 OP31の、やっと19まで来ました。これはSegovia studyの10番です。
アウフタクト16分音符はpipiで弾きます。16分4つの個所はすべてpipiで弾くよう指示が書かれています。このフィゲタに慣れないのと、消音と、親指の移動と音のバランス、とても面倒な→練習のし甲斐のある曲です。和音の音だけが強くならないよう、和音の前にある単音も和音の一部と感じるよう、などなど教えて頂きました。

師匠の新譜も好評発売中。ひとつ前のブログ記事お読みください。
7弦ギターなので、低音域が広く、ベースとギターの二重奏のように聴こえます。
構えず聴ける選曲です。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ