« 「小松亮太スペシャルトリオin波田」 最高でした! | トップページ | ティアトカ長野 第5回合宿 終わりました »

2013年7月31日 (水)

シアター・リフレクション「ふしぎな町」を見てきました

7月27日(土)茅野市民館2階アトリエで行われたデンマークのシアターリフレクション公演を見てきました。
音楽以外のイベントは〈きっかけ〉がないと行かないのですが、お誘いを受け行ってきました。
Img_0001Img_0002

市民館アトリエに続く2階通路には、ダンボールで作ったオブジェや天井からの吊るし飾り・風鈴、かわいい椅子、デンマークの紹介パネルなどが置かれ、待っている間も楽しめます。
004_2002_2001

お子さん向けのイベント(6歳以上むけ)ではありましたが、大人の方も結構いました。お父さん、お母さん、おばあちゃんと一緒の6~7歳の子供たちが多かったです。会場横で託児もありました。

さて、シアター・リフレクションとは?どんな内容だったのか?
説明が難しい。とにかくふしぎな空間です。視覚・聴覚・感覚…とてもよく考えられた構成ですした。
会場のアトリエには階段状の80席の座席が作られ、正面にはスクリーン、右手にペープサート(紙人形劇)の舞台、左手には音響担当の人がいます。
ペープサートなどを操る人が男女ひとりつづ、音響担当ひとり、の3人ですべてが演出されます。
人形劇の舞台の前には小さめのカメラが2台据え付けられ、時にはカメラを手持ちにして動かしながら、舞台の様子を大きくスクリーンに映し出します。
見ている人の視線を自然に舞台へ、スクリーンへと誘導します。
音楽を担当する人は、歌ったり、ヴォイスパーカッションやミュージックボックス、砂やビニールなどを使って様々な音を作ります。

砂と風、動物とビルディング、あなたとわたし…、自然と人間との関わりを感じながら舞台が進みます。
Img_3←ストーリーについてはチラシをお読みください。
(最後の質問コーナーでは「Every story is right story」とおっしゃっていました。)

小さい子がこの劇を体験したら、何だろう?どうなっているんだろう?とたくさんの???を感じることと思います。

昨年も茅野市民館でこのシアターリフレクションの公演があったようですが、来年もあるのかな?

ぜひとも、一人でも多くの子どもたちに体験してほしい、すばらしい不思議な世界でした。

« 「小松亮太スペシャルトリオin波田」 最高でした! | トップページ | ティアトカ長野 第5回合宿 終わりました »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シアター・リフレクション「ふしぎな町」を見てきました:

« 「小松亮太スペシャルトリオin波田」 最高でした! | トップページ | ティアトカ長野 第5回合宿 終わりました »

twitter

ブログパーツ

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ