« ルネッサンス専用ブログ開設しました | トップページ | 「小松亮太スペシャルトリオin波田」 最高でした! »

2013年7月24日 (水)

7月のガーデニング

盆暮れが一緒に来たような怒涛の1週間が終わり、ガーデニングの記事がようやく書けます
ギターの記事だけ読みたい、と言う方はスルーして下さいね。

花の写真を撮りためておきました。時期的にひと月ほど幅がありますがご容赦を。

ハーブの写真から。タッジーマッジーを作りました。002
使ったハーブはジャーマンセージイングリッシュラベンダークリーピングタイムダイヤースカモミールオレガノカモミールラムズイヤーアルケミラモリスクラリーセージばら(フェアリー

このままドライにできる花材ばかりです。

ラベンダーの盛りは終わりましたが、霜が降る頃まで少しずつ花を咲かせます。
ラベンダーは葉を数枚付けたほどの位置で切り取ります。剪定も兼ねているので収穫しないと翌年の花つきが悪くなります。
花が一段落した頃、石灰を混ぜ込んでおきます。肥料はなくても良く育ちます。
006011_2←写真の数倍の収穫がありました。(もし欲しい方いらしたらご連絡ください。ただしドライの状態)
緑の葉はユーカリです。

乾燥は水きり袋にいれて吊るしておくと、後の処理が楽です。乾いたらこのままタンスや靴箱に入れておきます。→

ゲラニューム、ムスクマローの花は終わってしまいました。
今年は梅雨入りが早く、その後暑かったので、花の時期も少し早目のようです。

マツムシソウ                 ニゲラ               モナルダ(ベルガモット)
(コーカサススカビオザ)         ピンクが咲いた!         これも丈が1m近いです。
丈が80センチほどあります。      5月に直播したものです。     こすると独特の香りがします。

018013_2015_2

014
初春からずっと咲いていたビオラもさすがに終わりです。
梅雨入り前に播種したビオラが咲きだしたので、新しいものに植え替えました。
まだ苗が小さいです。しばらくは涼しいところに置いておきます。
まだ花の咲かないビオラの苗が生育中です。
もう少し大きくなったらハンギングに仕立てます。
この時期、ビオラ苗は売られていないので貴重!

夏の強い日差しの中でも元気に花を咲かせている花。黄色系が多いようです。

ダールベルグデージー↓          カリフォルニアポピー ↓           
奥はジニア・ビオラ・マーガレットなど  毎年種をとっておき春に播きます  
 

004007_2

ディモルフォセカ ↓            ニーレンベルギア↓           アンゲロニア
春に咲いた後の2番花         ナス科です。花がナスの花。         白と紫は涼しげ。
012_2010008

花壇の一角は、秋に球根の植え付け、初夏に球根を抜いたあとには1年草の植え付け、の繰り返し。
宿根草は寒さに強い物を選び、ゲラニューム、スカビオサ、マロウ、クリスマスローズ、オダマキ、ホスタ、イベリス、ハーブ類がおすすめです。

盛夏のあいだはガーデニングもひと休み

« ルネッサンス専用ブログ開設しました | トップページ | 「小松亮太スペシャルトリオin波田」 最高でした! »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月のガーデニング:

« ルネッサンス専用ブログ開設しました | トップページ | 「小松亮太スペシャルトリオin波田」 最高でした! »

twitter

ブログパーツ

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ