« 業務連絡⑳ 7月の予定 | トップページ | 再掲「7/13古部賢一×鈴木大介コンサート」茅野市民館 »

2013年6月28日 (金)

バラの季節とジュリアーニの「バラ」

19世紀初頭のイタリア人作曲家マウロ・ジュリアーニのop46-9「私の愛する花」より「バラ」です。ジュリアーニはソルと全く同時代の人です。
演奏はRonald Fuchs ←存じ上げない方です。でもすごく良い演奏だと思います。

弾き始めの頃はピンと来なかったけれど、弾き続けるうちに愛着が出てきました。(ほかに練習すべき曲があるだろう!と言う天の声には聴こえないふり
楽譜はこちら↓ 14~15ページです。 http://www.guitarpress.com/images/Giuliani_RamilleteDeMisFloresPreferidasOp46.pdf

標高1000m近い我が家ではようやくバラが咲きだしました。でも残念ながら毎日雨
花弁もずいぶん痛んでしまいました。
今日は梅雨の中休みなので、朝から草取り。軍手の上に厚いゴム手袋なので爪に影響はありません。
今咲いている一番花は「イビザ」と「セバスチャン・クナイプ」
もうすぐ黄色い「ピース」の2番花が咲きます。「ピース」の濃いピンクはなかなかつぼみが開きません。

001010(左)オレンジ系の「IBIZA」は樹高60㎝ほど、コンパクトで強健。


(右)淡いピンクベージュの「セバスチャン・クナイプ」は1.5m半つる性。

2年目ですがどんどん大きくなります。花弁は雨に傷みやすいです。
両方共に香りはあまりなく残念。

023←ブッッシュ系の「ザ・フェアリー」
横に伸びます。丈は短め。

↓セバスチャン・クナイプ
018_6

↓ラベンダーの穂が伸びてきました。
赤い花はオレガノ、後ろの黄色はレディースマントル。
022

012_3種から育てて3年目のデルフィニューム→
発芽と冬越しが難しい。イチイに西日が遮られ涼しげに咲いています。

↓そろそろおしまいのパンジー・ビオラ。↓ジューンベリーが盛りです。ジャムを作りました。種が多いのが難点
003_5


006


024













« 業務連絡⑳ 7月の予定 | トップページ | 再掲「7/13古部賢一×鈴木大介コンサート」茅野市民館 »

クラシックギター」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バラの季節とジュリアーニの「バラ」:

« 業務連絡⑳ 7月の予定 | トップページ | 再掲「7/13古部賢一×鈴木大介コンサート」茅野市民館 »

twitter

ブログパーツ

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ