« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月22日 (土)

中野京子著「名画と読むイエス・キリストの物語」

ギタリスト鈴木大介さんのブログhttp://daisukesuzuki.at.webry.info/に紹介されていた本です。

Img_0004 名画の図版があって、その絵の解説かな?と思ったら、そうではありませんでした。

受胎告知から復活まで、イエスの生涯がわかりやすく書かれています。もちろん図版も載っています(小さいですが)。

西洋の美術館に行くと、大半の所蔵品がキリスト教関連の作品です。ことにバチカンなどは中世以来の宗教画のオンパレードです。
私はキリスト教徒ではないので意味がわからず、その膨大な絵の前でひたすら???でした。
あわてて新約聖書を読んではみても、これも???。
新約聖書はイエス使徒のマタイ・ヨハネ・ルカ・マルコがそれぞれにイエスの言葉・奇蹟・説法などを書いているので、時系列もわかりにくく、イエスの生涯を理解できませんでした。

この著書はそこらへんがとてもわかりやすく書かれています。
書かれていることに疑問点もありましたが、多種の説があるからなのでしょうか。
最後のほう(磔刑のあたり)は映画「奇蹟の丘」の視覚的影響が強いなあ、と思いました。

絵画も音楽も布教の道具として使われていた時代が長くあり、大介さんがこの本を読んだのはバッハの勉強の一つなのかもしれません。
八百万の神々に手を合わせる私たちに、キリスト教を理解することは難しそうです。

一時、ダン・ブラウンの著作にはまっていましたが、やはりキリスト教オンパレードです。
「天使と悪魔」「ダヴィンチ・コード」は映画で見るとわかりやすいと思います。(あとの作品はつまらなかった…。お勧めしません)
お正月がお暇な方、レンタルしてご覧ください。

Img_0002 中野京子さんの著書は、そういえば手元に1冊ありました。
「名画で読み解くハプスブルグ家12の物語」光文社新書

こちらのほうがオススメです。
ヨーロッパのほとんどを支配していたハプスブルグ家の人々の話。
マリア・テレジア、マリー・アントワネット、フェリペ2世、狂女ファナ…、面白いです。

121222_071801_2 今日(12.22)は朝起きると10㎝ほど雪が積もっていました。
←茅野駅の大きなモミの木(?)と機関車。クリスマス気分xmas

右側バナーのブクログ本棚も久しぶりに更新しました。
本をクリックするとコメントなど見れます。

興味のある方、ご覧頂ければ幸いです。

2012年12月 9日 (日)

12/8すずの音ふれあいコンサートと安曇野コンサート 見聞記

2012.12.8(土)今日は二つのコンサートをかけもちで聴いて来ました。

Img_2ずはルネッサンスメンバーが出演した「第4回すずの音ふれあいコンサート」

北安曇郡松川村すずの音ホールにて13:00開演012

←プログラムはクリックで大きくしてご覧ください

村内の小・中学校の合唱、吹奏楽、ホールで活動している合唱団、それにルネッサンスが出演しました。

ホールは超満員。小さい子供たちも最後まで一生懸命に聴いていました。
こうして、地域が一体になった音楽会は良いですね!

ルネッサンスは4重奏「イエスタデイ・ワンス・モア」「シバの女王の入場」「いつも何度でも」「コーヒールンバ」、3重奏「不良少年」の5曲を演奏しました。
リード役のA子ちゃん、コーヒールンバの合いの手が良かったM氏、シバの女王…でリベンジしたK君、小技が光った会長、それに名司会ぶりの松川支部長、お疲れ様でした。練習より良かった、言うことで、大成功scissors

同日12月8日(土)安曇野市、穂高交流学習センター「みらい」にて「第3回安曇野ギターコンサート」がありました。

最初2組と最後お2人だけ聴けました。(途中は松川村に行っていました。すみません)
50名ほどのお客様が熱心に聞いていらっしゃいました。

弾き回し会のSさん、初出場ながら落ち着いた良い演奏でした。
トリのKさん、速いパッセージもしっかりと弾いていらっしゃいました。歌い回しの素晴らしさを感じる演奏でした。

最後は客演の岩村通康先生の演奏でした。
「川の流れのように」「マジョルカ」(アルベニス)「スペイン舞曲5番」(グラナドス)
アンコールが「11月のある日」(ブローウェル)

どれも、岩村先生らしい、しっかりと音楽に向き合った演奏でした。ひとつひとつの音を大事に弾くこと、良い場所で響かせること、弱音の美しさ、などなど、とても勉強になりました。

001 006 018
二重奏、ソロ(Sさん)、岩村先生の写真です。

「みらい」は写真のように、明るいイメージのホールです。
図書館・ギャラリーなどもあり、入口近くにはおしゃれなスタンドカフェcafe大勢の方で賑わっていました。

ー最後に本日の感想ー
自分が出ないコンサートのなんと楽しいこと!
特に、同じメンバーが演奏しているところをゆっくりと客席から見ることはないので、新鮮でしたhappy01
皆さん、お疲れ様でした!

2012年12月 5日 (水)

12/4(火)ギター三昧コンサート 行ってきました

Img_0001_2 12月4日(火)東京浅草のアサヒビール本社1階ロビーにて「ギター三昧 by 4 Guitarists」 と言うコンサートがあり行ってきました。

銀座線浅草駅から吾妻橋を渡って行きます。
目の前にはあの○○○ビル(正式名称はアサヒアートスクエア)とアサヒの本社ビル、その脇に東京スカイツリーが見えます。

001 写真のセンスがなくてきれいな夜景が撮れませんsweat02

すみません。

隅田川越しにきれいな夜景でした。写真を撮っている観光客が大勢いました。
コンサート開場はpm6:15、少し前に着いたらロビーは長蛇の列でした。

300人入れる会場は満席。このアサヒビールロビーコンサートは117回を迎えるそうで企業メセナアワードを受けたそうですscissors
入場者の年齢層が高くて、おそらく毎回このコンサートに足を運ばれているのでしょう。
企業と地元市民の連携で成り立っているとは素晴らしいですね。
(演奏中におばちゃんたちの手から手へ、飴の袋がガサガサと波のように回っていたりと、なかなかアットホームな演奏会でした)

↓「プログラム」と曲の説明が書かれた「プログラムノート」
これだけ詳細なプログラムノートは珍しいです。これも素晴らしい!

Img_0001_3 Img_0002 Img_0003

画像はクリックで大きくしてご覧ください。

まずは鈴木大介氏と鬼怒無月氏 の The DUO

お二人ともエレガット使用。鬼怒さんはほとんどピックを使用。大介さんも時々ピック使用。
どの曲も素晴らしいのですがジスモンティの「ロロ」は良かったなあ!
大介さん、よく指が回るなあ、と感心してしまった。

この日はロビーという大きな空間なので、スピーカーを左右2台に置いてのコンサート。
助川さんはエフェクターを使って音色も変えていたようです。

次は助川太郎氏と尾尻雅弘氏のデュオ

助川さんはエレアコとエレガット、尾尻氏は7弦エレガットと12弦エレアコ使用。
最初に「ステラ・バイ・スターライト」を弾いてから林光さんの曲へ。
林さんの曲とライヒの曲は現代音楽。リズム取りなど大変難解な感じです。
でも面白み万点!

休憩時間はアサヒの缶ドリンク各種の中から1本頂ける!迷わずスーパードライに手を伸ばす。(最後の1本でした。後ろのかた、ごめんなさい)
004 006 005

この日の東京は歩いていると暑くて。
アサヒの本社だから蛇口をひねるとスーパードライbeerが出てくる…ということはなかった!
おいしいビールでいい気分になり、ふわふわとプログラム後半へ。

2部の最初は大介氏と尾尻氏の師弟コンビ ジョビニアーナの中では落ち着いた曲のイメージ。きれいでした。
次は助川さんと鬼怒さんでジスモンティ、これもかっこいい。

大介さんのオリジナル曲をThe DUO のおふたりで。
メラネシアンでラテンでスパニッシュな曲です。これでもか…とばかりに白熱していました。

そして最後はカルテットで3曲。ペレイラは本邦初演?(尾尻氏曰く終演かも…と)
おなじみの「ブラジル」も「リベルタンゴ」もこの4人だと、世界が真にクロスオーバーしています。ほかには無いと言う感じでした。
ギターカルテットと言うのは最大の効果があると言うのが私の持論です。(それ以上多くても効果は同じと思う) 圧巻で特異なカルテットでした。

アンコールはチック・コリアの「スペイン」
この曲の冒頭は「アランフェス協奏曲」の2楽章冒頭が使われています。ここは尾尻氏と大介氏がメロディ部と伴奏部を交互に受け持って弾きました。唯一クラシカルな音楽だった。「スペイン」80年代に良く聴いたなあ。懐かしい!!
演奏者の皆さんが、もう楽しくてたまらない、と言う表情で弾いていました。

終演後はサイン会、↓大介さんと鬼怒さんにサインを頂きました。
Img_0007Img_0006_2   

助川さんのボサノバのCDは以前に持っていたのですが、ついでながらここでご紹介↑。
ボーカルEmikoさんとのコラボですが、透明感のあるEmikoさんの歌声と助川さんの美しいギターの音がマッチしていて本当に癒されます。私は普段よく聴いています。
この日の演奏ではずいぶんと派手に弾いていた助川さんですが、このCDでは押さえた感じで弾いています。おすすめです。

このコンサートは「市民パトロネージュ制」になっていて、終演後に《お客様ご自身の気持ちに見合った入場料をお支払いください。金額の多寡は問いません。集まった入場料は全額出演者へお渡しします》というものでした。私もお金を入れて、それから師匠にごあいさつして、帰りました。

最後に感想…とにかくすごい4人でした。プログラムはブラジルものが多く、ジャズをベースに現代音楽・環境音楽やサンバ・ボッサ・タンゴ・フラメンコ…様々な音楽が混じっていました。クラシカルな音楽のすぐ隣にはこういう世界もあるのだなあと感じました。異文化ではなくて共存している感じ。
すばらしいメンバーだったので生音で聴きたかったです。2台のスピーカーだと4人のステレオ感がわからなくて、音の分離がわかりにくかったです。残念。

最後に出演者プロフィール↓ ご覧ください

Img_0004

2012年12月 2日 (日)

12/8(土)すずの音ふれあいコンサートと業務連絡⑬

Img_2 来週12月8日(土)13:00より
松川村すずの音ホールにて

「すずの音ふれあいコンサート」があります。

出演団体は松川小学校合唱団、松川中学校合唱部・吹奏楽部、すずの音子ども合唱団、すずむし合唱団、ギターの会ルネッサンス   です。

各団体20分ほどの演奏です。

ルネッサンスでは4名が四重奏で参加。
「シバの女王の入場」「コーヒールンバ」など演奏予定。

お近くの方、お越しください!

ルネッサンス業務連絡
 12月8日 すずむし荘で忘年会です。
  練習は年内はありません。

1月5日(土・)26日(土)通常練習
 *19日は練習ありません

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ