« 4/15教室発表会 | トップページ | ルネッサンス業務連絡⑨ »

2012年4月19日 (木)

プラテーロとわたし 

先日(4/17),SBC信越放送のラジオ番組「おとなりラジオあらら」に尾尻雅弘氏が出演されました。
そのとき生演奏されたのが「プラテーロとわたし」より「プラテーロ」でした。

「プラテーロとわたし」はノーベル賞を受賞したスペインの詩人ファン・ラモン・ヒメネスの詩集です。約140篇の詩が収められています。

この詩より28篇を選んでギター伴奏を作曲したのが、イタリア人作曲家マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ(名前が長いsweat01

C=テデスコがヒメネスの詩に惚れ込んで詩の朗読を生かすために作曲したのか、詩のイメージからの自由な発想による作曲なのかはわかりません。
目で読むだけの詩と、ギターの音色に乗せた人の声で読まれる詩、とかなり違いがあるように思います。

Img 1番目の詩が「プラテーロ」です。

プラテーロは、小さくて、ふんわりとした綿毛のロバ。
あまりふんわりしているので、そのからだは、まるで綿ばかりでできていて、骨なんかないみたいだ。
けれど、その瞳のきらめきは、かたい黒水晶のカブト虫のよう。
………

4月21日(土)pm6:30より、上田駅前の上田情報ライブラリーにて「プラテーロとわたし」が上演されるようです。詳しくはココを見て下さい。
貴重な機会なのでお近くの方は出かけてみてはいかがでしょうか。

« 4/15教室発表会 | トップページ | ルネッサンス業務連絡⑨ »

クラシックギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1407229/44933083

この記事へのトラックバック一覧です: プラテーロとわたし :

« 4/15教室発表会 | トップページ | ルネッサンス業務連絡⑨ »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ