« 今日のおやつ~ユーハイムのバームクーヘン | トップページ | 「野いばら」 梶村啓二著 »

2012年1月29日 (日)

甘夏みかんのピール砂糖漬け

120129_083601_3 毎年この時期に作っているのが甘夏のマーマレードと、皮を利用した砂糖漬け。

昨年はブログに写真だけ載せたので今回は砂糖漬けのレシピを載せます。

ピールの砂糖漬け
(材料)甘夏の皮300g(3個分)グラニュー糖400g

① 甘夏の皮の黄色いところを皮むき器でむきとる。甘夏を6つに切り皮をはずす。
② 皮を1センチ弱の幅に切る。
③ 熱湯に②を入れ3分煮、ざるに上げて水をかけよく冷やす。さらに冷水に3分漬ける。熱湯→冷水を3回繰り返す。最後にたっぷりの冷水に漬け一晩さらしておく。
④ 分量の砂糖を3等分し厚手の片手鍋に入れ、水を大匙1.5杯加えてちょっと糸を引くくらいまで煮詰める。
⑤ ここによく水を切った甘夏の皮を入れふたをしてとろ火で煮る。常に鍋を振り動かす。(箸などでまぜない。約15分)
⑥ 煮詰まったら次の1/3の砂糖を入れ、ふたをしてさらにナベを揺すりながらとろ火で煮る。(15~20分)
⑦ 最後の砂糖を加えたら、ふたをせずに水気がなくなるまで仕上げ煮をする。表面が白くなりカラカラになったらできあがり。20分から25分程。しっかり水気を飛ばすこと。
(途中で水を加えないこと。鍋は常に振り動かして焦がさないように注意する。)
<佐藤雅子著「私の保存食ノート」文化出版局>より

外側はカリッとして中は驚くほど柔らかく、苦味は全くありません。

とても手間のかかる作り方ですが、それだけに達成感とおいしさはバツグン!

コーヒーや紅茶に良く合いますよ。溶かしたチョコをかけても

さて、外は昼間でも氷点下ですが、なんとなく春の日差しです。ピールをつまんでギターの練習・練習!

« 今日のおやつ~ユーハイムのバームクーヘン | トップページ | 「野いばら」 梶村啓二著 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おはようございますpaper
美味しそーですね。丁寧に作った物は愛しさ倍増。大切に食べますよね。
実は3月になると近くの地場産直売所で静岡の契約農家に夏ミカンのもぎ取りに行きます。私も連れて行ってもらうのでこのレシピ、さっそく使わせていただきます。気が短くそそっかしい私はこのような繊細な料理が苦手。ピールも毎年失敗して最後はマーマレードみたいになっちゃいます。今年こそはこのレシピで丁寧に作ります。

木漏れ日さん、毎日寒い日が続きますね。静岡は暖かいでしょうね。あそこは街路樹がヤシの木ですから。
「手作りのピールは苦くて」と言う人が多いのですが、これは表皮の黄色いところを削ってしまい、さらによく水にさらすので全く苦くなく、しかも柔らかく仕上がります。
ずうっと鍋を振っているので一度に作るのは3個分が限度。
ちょっと大変ですが作ってみてくださいね。
保存もききますが心配なら冷凍保存がおすすめ。あまり固くならず、すぐに解凍して食べられますよ。

お久しぶりです。
とても手間がかかりそうですね。
でもそれに見合った美味しさheart01に憧れます。
いつか作れたらいいな~(と、今はその気が無いMOCHAcoldsweats01
 
チョコでコーティングすると、これまた美味しいですよねheart01

MOCHAさん、コメントありがとうございます。MOCHAさんは手が痛いから挑戦しないほうがいいです。
ずっと鍋を振っているのでちょっとたいへんです。
先日、マーマレード作りの講習会があり、作ったピールを持って行ったところ大変好評でした。
昨日もピールを作って、刻んだピールと砕いたナッツにチョコをかけました。
これを14日にばらまこうかと思っていますwink

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1407229/43908955

この記事へのトラックバック一覧です: 甘夏みかんのピール砂糖漬け:

« 今日のおやつ~ユーハイムのバームクーヘン | トップページ | 「野いばら」 梶村啓二著 »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ