« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

「野いばら」 梶村啓二著

Img 本の紹介です。

第3回日経小説大賞を取った作品というので読んでみました。

アマゾンによるあらすじは
…21世紀の英国。静かな田園地帯の丘に波打つ白い花の群生の清清しい香り。150年前、生麦事件直後の横浜で幕府の軍事情報探索の命を受けた英国軍人がいた。彼の日本人女性への秘めた想いが、日本原産の清楚な花を、欧州で蘇らせたのか―妻と別れ心にぽっかり穴のあいた縣和彦が種苗会社のM&Aの調査中、偶然手にしたかつての英国軍人の手記には、吹き荒れる攘夷の嵐に翻弄されながらも、自らの本分をひたむきに貫くしかない多くの名もなき人達が生きていた。手記に心奪われた縣はやがて未来へ一歩踏み出すきっかけを見いだす…グローバリズムの時代を生きる寄る辺なき現代人へ、はかなくて烈しい、時をこえた愛の物語…。

付け加えて、もうすこし詳しくあらすじを書くと

 遺伝子操作による植物の品種改良が進み、世界中の企業が新たな遺伝子を得るために競争が進む現代社会。そんな種苗会社の一社員である日本人男性が車の故障で立ち寄ったイギリスの美しい田舎町。そこで世話になった英国人女性から1冊の手記を渡される。厳重に封をされたその本は「日本人に読んでほしい」と書き添えられた先祖のもの。

手記に書かれていたのは攘夷の幕末に軍命で赴任したある英国人将校が見た美しい日本であり、日本語教師として彼に接した女性との恋の物語だった…。

私の感想は…ちょっと書き足りていないかな、と思いました。(上から目線ですみません)
もう少し幕末の情報を得るためのかけひきや、幕府や各藩、朝廷の動きや江戸の風景などが書かれていれば面白かったかも。
でもストーリのわかりやすさ、展開の面白さ、文章の読みやすさで一気に読んでしまいました。
現代と幕末が交差する点も読みやすかったです。時代設定が幕末だけであったら暗すぎるかもしれません。

野いばらの香りのように、この本に出てくる人たちはみな清々しいけれど、そればかりではないだろうな、とも思いました。人間社会はもっと魑魅魍魎なのだ。

一番興味深かったのは扉に書かれていた文章
「園芸植物大辞典」よりノイバラの項の抜粋なのですが
それによると…現在、人の手で交配されて作りだされたバラは2万7千種とも言われ、その祖先はノイバラなど8種類の原種のみから成り立っている。
のだそうです。
たった8種類!!バラを見る目が変わりました。

第1回日経小説大賞の「テムズのあぶく」武谷牧子著は面白かったですよ!
私と同世代の女性におすすめの100%恋愛小説です。

2012年1月29日 (日)

甘夏みかんのピール砂糖漬け

120129_083601_3 毎年この時期に作っているのが甘夏のマーマレードと、皮を利用した砂糖漬け。

昨年はブログに写真だけ載せたので今回は砂糖漬けのレシピを載せます。

ピールの砂糖漬け
(材料)甘夏の皮300g(3個分)グラニュー糖400g

① 甘夏の皮の黄色いところを皮むき器でむきとる。甘夏を6つに切り皮をはずす。
② 皮を1センチ弱の幅に切る。
③ 熱湯に②を入れ3分煮、ざるに上げて水をかけよく冷やす。さらに冷水に3分漬ける。熱湯→冷水を3回繰り返す。最後にたっぷりの冷水に漬け一晩さらしておく。
④ 分量の砂糖を3等分し厚手の片手鍋に入れ、水を大匙1.5杯加えてちょっと糸を引くくらいまで煮詰める。
⑤ ここによく水を切った甘夏の皮を入れふたをしてとろ火で煮る。常に鍋を振り動かす。(箸などでまぜない。約15分)
⑥ 煮詰まったら次の1/3の砂糖を入れ、ふたをしてさらにナベを揺すりながらとろ火で煮る。(15~20分)
⑦ 最後の砂糖を加えたら、ふたをせずに水気がなくなるまで仕上げ煮をする。表面が白くなりカラカラになったらできあがり。20分から25分程。しっかり水気を飛ばすこと。
(途中で水を加えないこと。鍋は常に振り動かして焦がさないように注意する。)
<佐藤雅子著「私の保存食ノート」文化出版局>より

外側はカリッとして中は驚くほど柔らかく、苦味は全くありません。

とても手間のかかる作り方ですが、それだけに達成感とおいしさはバツグン!

コーヒーや紅茶に良く合いますよ。溶かしたチョコをかけても

さて、外は昼間でも氷点下ですが、なんとなく春の日差しです。ピールをつまんでギターの練習・練習!

2012年1月20日 (金)

今日のおやつ~ユーハイムのバームクーヘン

120119_122801 ユーハイムのバームクーヘンをながの東急百貨店の地下で買ってきました。

とくに珍しくもないのですが、ここでは切り売りしてくれるのです。
大きなバームクーヘンをその場でナイフで切って量り売り。
作りたてのせいか、しっとりしていてすっごくおいしいです。
長野に行った時はいつも買ってきます。

しかも売り場のお姉さんのワザがすごい!一切れぴったし34gに切るのです。
(以前、娘たちはその神ワザに目を丸くしていました)

このバームクーヘン、生地は甘さ控えめで、周りのホワイトチョコのアイシングがまたおいしい!
都内のデパ地下でも切り売りしているユーハイムは見たことがないです。
長野に行ったら是非買ってみてください。

今日(1/20)の茅野市は夜半からの雪が降り続いています。積雪は今10センチ程度。
午後には止むようです。

今朝の我が家の庭の写真(つまらない写真ですみません)と、先日諏訪に行った帰りに撮った上川のコハクチョウとカモの写真も一緒に。

Dscf0433 Dscf0426 Dscf0427

2012年1月16日 (月)

「図説 ギターの歴史」 ペフゲン著

本の紹介です。

Img_0015 「図説 ギターの歴史」 ペーター・ペフゲン著 田代城治 訳 現代ギター社 1997年

所用で諏訪市に出かけ、少し時間があったので諏訪市図書館に立ち寄ったところ面白そうな本がザクザク…宝の山です。
何冊か借りた中の1冊がこれ「図説ギターの歴史」です。

この本によると
ギターの祖は…紀元前1800-1900頃のエジプト出土のレリーフに小型撥弦楽器が刻まれている。

現代のギターの元となったのは15世紀末の「ビウェラ・デ・マノ」と「ギターラ」と言える。
「ビウェラ・デ・アルコ」(弓で弾くビウェラ)もあったのだが、現在「ビウェラ」と言うと「ビウェラ・デ・マノ」(手で弾くビウェラ)を指す。
これら「ビウェラ・デ・マノ」「ギターラ」はスペインが発生の地とされる。

当時のビウェラは小型の箱型で中央がくびれており4コースのものであった。
やがて低音が増えて5コースの時代が続き(ミラン・ナルバエス・ムダーラの時代)、
ソル(1778年生まれ)ジュリアーニ(1780)アグアド(1784)が生まれたころには6コース、あるいは6単弦のギターとなっていった。

パノルモ、ラコートという19世紀のやや小型の6弦を経て、19世紀末タレガの時代にトーレスが楽器を大きくし、現在のモダンギターの基礎となる設計を作り上げた。
楽器の大型化によりサロンでのコンサートの時代は終わり、ホールでの演奏に向く楽器が作られるようになった。

独学の人セゴビアがギターの世界を確立し、現在に至っている

ざっとこんな感じの内容です。
この本の著者はセゴビアが嫌いなのか{美味なる音が最終目的であって、そこには音楽構造の表現とか、まして時代様式を考慮する姿勢はない}とか和音を…アルペジオに崩して最高音を強調し、…悪癖} など痛烈な批判をしています。(私もそう思うけど…coldsweats01

本の最後はバルエコ、山下和仁、エリオット・フィスク等、新時代の演奏の分析・感想で終わっています。
確かに初めて山下を聴いたときは驚きましたが、今の若いギタリストは皆、ものすごい技術力がありますね。

Img_0006Img_0016 左はソルの演奏フォーム

机の角でギターを安定させ弾いていました。

右は三脚(トリボディソン)
アグアドはこれの使用を勧めた、とあります。
なかなかすごい装置ですね。

タブラチュアの変遷についても詳細に出ています。

Img_0017

さてさて長くなりました。
この本現在は絶版で買えません。アマゾン中古品で6500円。(定価は4800円です)
カラー写真や素敵な図版もたくさん載っています。
(内容は決して平易ではありません)
図書館で借りるかネットで古書を検索するか神保町に行くか、ですね。

2012年1月10日 (火)

第3回弾き回し練習会 終わりました(*^^)v

1月8日夜、茅野市民館アトリエにて第3回ギター弾き回し練習会が行われました。

003_2  今回はいつもの会場「ギャラリー風我」が冬季休館で使用できないため、茅野市民館となりました。
Poranさんに予約して頂きましたが、市民館は人気があり、なかなか予約が取れないようです。

アトリエはメインホールの舞台と同サイズなのでかなり広いです。
←アトリエの奥側から入口側を撮っています。皆さん練習中

ホールの中は暖かいし、市民館の照明係の方が照明の調整をしてくださったりと、さすがに行き届かれた感じでした。その分規約も色々あって大変ですが^_^;

今回は13人、11組が出場。回を追うごとに皆さん本当に上達されていてびっくりです。
後退しているのは私くらいだろうなあ…。

006 今回初出場の地元にお住まいのKさん。退職後に昔弾いていたギターを再び始めらたとのことでしたが、1年でこれほどしっかりと音が出るのはすごいです!色々な曲に挑戦してください。(画像がなくてすみません)

意外にも初出場だったルネッサンスの「デュオ安曇野」です→(左…会長、右…松川支部長)
11月のルネッサンス発表会より良かったです。
最後のおいしいところでK氏のめがねがずり落ちたのは御愛嬌wink

今回はもうひと組初出場のデュオ・ソロがありました。「デュオ1000万」yen
ハウザーⅡを2台使ってのデュオなのでこの名がつきました。
この銘器、普段は須坂市のフォルティアにあります。
007 フォルティアの店主Yさんが今回ソロとデュオ演奏をされました。
ハウザーは実際自分で弾いてみると鳴りにくいし反応がよくわからないのですが、少し離れたところで聴くと音の分離が良く、中・低音の熟成感はほかの楽器にはない深みがあります。超高級ワインのよう。(飲んだことはないけど…)
ハウザー2台のデュオは音の交差が目に見えるようでした。ソロの時より格段と豪華さが感じられました。
←「デュオ1000万」(左…Hagiさん、右…店主) 耳の保養になりました。

ほかの皆さん、それぞれすばらしい演奏を聴かせていただきました。
まんじゅうやさん、ヴィラ=ロボス良かったです。今年の秋もおいしい栗きんとんお願いします。
東京から参加のS・Hくん、また来てね!練習し過ぎないように。
自分の演奏はイマイチで反省sweat01反省sweat01

くわしくはPoranさんの「弾き回し会」ブログをご参照ください。

終了後は聴きにいらして頂いた方々も御一緒に茅野駅の「福福屋」で打ち上げ。
お値段リーズナブルで中味も良かったです。
今回は泊まり組が多く、その後は大変遅くまでホテルで盛り上がったと聞きました。
(私は酔っ払いを残して先に帰ったため詳細不明)

弾き回し会は大変楽しい会です。
初心者の方も是非気楽に参加して頂きたいです。
(上手な方の演奏ばかりだと却って退屈になってしまいます)

さて、正月も終わり、弾き回し会も終わり、ダウランドも終わり、新クールで頑張りますhappy01

2012年1月 7日 (土)

週刊ブックレビュー20周年記念ガイドブック

久々、本の紹介です。

Img 「週刊ブックレビュー20周年記念ブックガイド」
          ステラMOOK NHKサービスセンター 980円

NHK-BSプレミアムで毎週放送されている「週刊ブックレビュー」が20年を記念して本になりました。

長年この番組の司会をされていた児玉清さんが昨年亡くなられ、児玉さんを偲ぶにも貴重な1冊となりました。

番組は毎回3人に選者が3冊ずつの本を紹介し、さらにオススメの1冊を全員で合評する形が前半、後半はゲストに話題の本の著者を迎え司会者とのトーク、という形です。
番組最後のベストセラーコーナーも世の中の動向がわかり興味深いです。

歴代の司会者には児玉清さんのほか如月小春さん、超美人ピアニストの三舩優子さんや長田渚左さんもいらっしゃいました。現在の中江有里さん、かわいくて素敵です。

本の中身を少しだけ紹介。
(スキャン画像がわかりにくくてすみません)

左が目次ページ、          右が「この年の読書界」   
Img_0001 Img_0002

この10年間の年ごとのベストセラー・受賞作・話題の本の紹介があります。
ほかに番組20年間の特集一覧などあり、懐かしく読みました。

本好きな方、週刊ブックレビューファンの方、是非お読みください。

この本を読んでいると読みたい本がたくさんあり、早速何冊かは図書館にリクエスト、とアマゾンに注文。
紹介本の中には「これは読んだけどイマイチだったな」と思ったものもありますが、総じて一読の価値ある本が並んでいます。

最後に勝手に私のオススメ本3冊

①「透明人間の告白」  H.F.セイント著
  これはもう20年ほど前、話題になった時に読んだのですが、今でも最初から最後までストーリーを思い出せる本です。
まだ日本ではPCが普及していないころで、アメリカのネット社会に驚きました。(透明人間はネットで株取引をして稼ぎ、ネット宅配で日用品を買うのです)。透明人間も大変そうです。

②「女客」  泉鏡花 著
 鏡花は明治から大正時代の作家。代表作は「高野聖」ですが「女客」は日常のひとコマを切り取った戯曲のような作品。美しい文体で書かれています。
何度読んでも飽きない短編です。現代の堀江敏幸や保坂和志、磯崎憲一郎につながるのではないかと思います。

③「もの食う人びと」  辺見庸 著
  食べるということ、そこに住むということ、世界には様々な暮らしがあると考えさせられる本です。すぐに読めて難しくもないので、全地球人に読んでほしい1冊。
  
番外編…素直に面白かった本(あまり深くは考えずに読める1冊)
「ファントム・ピークス」 北林一光 著
安曇野を舞台にヒグマが大暴れする話。安曇野の西山が舞台です。妙にリアリティーがあって、クマが怖ろしくて山菜取りに行けない私にはとてつもなく怖ろしい話でした。

ところで、明日、8日(日)pm7:00より、茅野市民館アトリエで「ギター弾き回し会」が開催されます。
どなたでも聴きにいらしていただけます。ぜひ気楽にお越しください♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:

2012年1月 4日 (水)

ジョン・ダウランドとその時代

ジョン・ダウランド(1563~1626)はイギリスの作曲家、リュート奏者です。

1月8日の弾き回し会(@茅野市民館アトリエ、pm7:00~)ではダウランドの曲を2曲弾く予定です。
暇な正月休みに、この時代について書かれた本を読んでいました。
今回は本の紹介がてら、ダウランドと時代背景について簡単に記事にしてみます。

ダウランドシェイクスピア(1564~1616)とまさに同時代の人です。

時はエリザベス1世(治世1558-1603)ジェイムズ1世(同1603-1625)の頃。
イギリス人ドレークが世界周航を果たし(1580)イギリス軍がスペインの無敵艦隊を破り(1588)世界に君臨し始めた、イギリスが最も輝いていた時代。

しかしダウランドは、父親がフランスに赴任し、そこでカトリックの洗礼を受けていたためにイギリス国教会のイングランドでは職を得ることができず、ヨーロッパをさまようことになります。1597年、1600年、1603年に歌曲集を出版し、特に「流れよわが涙」Flow my tears はヨーロッパ中で大ヒットとなります。
1598~1606年はデンマーク王に仕え、1606年ようやくイングランドに戻り国王付きのリュート奏者となりました。

この時代は、ヘンリー8世=英国国教会、メアリー1世(ブラッディメアリー)=カトリック、エリザベス=英国国教会、ジェイムス1世=カトリックよりの英国国教会、と国王によって宗教が変わり、その度大勢の人々が断首刑となった時代。 
ダウランドにとって本当に心休まる時代があったのかはわかりません。

さて来週に私が弾く予定の2曲は
「涙のパヴァーヌ」(Flow my tears)と「蛙のガリアルド」(Now, o now I needs must part)
古い時代にはパヴァーヌとガリアルドは一連の組み踊りであったようです。
パヴァーヌはゆったりとした優雅な踊り、ガリアルドは軽快なステップの踊りです。
(エリザベス1世はガリアルドの踊りの名手であったと言われています。)
今回はパヴァーヌ~ガリアルドの順で弾きたいと思います。

ダウランドとは直接関係ないのですが、今回読んでみて面白かった本を2冊紹介。
Img_0006 Img_0007

「ロンドン塔と英国王室の九百年」 出口保夫著 柏書房
「世界史をつくった海賊」 竹田いさみ著 ちくま新書

おすすめ映画は
「恋に落ちたシェイクスピア」
「ブーリン家の姉妹」
「エリザベス」
「エリザベス・ゴールデンエイジ」 ご覧ください。

2012年1月 2日 (月)

新年のごあいさつ

恭賀新年sun
今年は明るい良い年になりますように。

昨年は大震災を機に色々と考えされられることが多い年でした。

日々を大事に過ごし、備えを怠らず、文明に他者に自分におごらず、内にこもらず、手を差し伸べて、生きていければと思います。

元日には弦を交換して、静かな曲など弾いて過ごしていました。
今年も弾きたい曲がたくさんあるので、無理せず練習していきます。
皆さま御指導のほどよろしくお願い申し上げます。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ