« ルネッサンス発表会 終わりました@すずの音ホール | トップページ | 12/4尾尻雅弘クラシカルギターコンサート 終わりました »

2011年12月 2日 (金)

11/30イョラン・セルシェル ギターリサイタル

004 11月30日(木)夜7時より 東京文化会館小ホール

イヨラン・セルシェル ギターリサイタル 
「時は止まってー限りない静けさと沈黙へ/Time Stands Still」

行ってきましたhappy01

ちょうど隣の国立西洋美術館で「ゴヤ展」が開催されていたのでそちらを先に見てからコンサートへ。
「ゴヤ展」の感想も後日ブログにアップしたいと思います。

コンサートのプログラム

時は止まって
ストラング卿のマーチ
題名のない小品
ダービー伯のガイヤルド
涙のパヴァーヌ          /以上 ジョン・ダウランド

ジャンク               /ポール・マッカトニー
エリナー・リグビー
ヒア・ゼア・アンド・エブリホエア  /レノン&マッカトニー

無伴奏チェロ組曲第2番二短調 全曲 BWV1008  /J.S.バッハ

アリーナのために          /アルヴォ・ペルト

ロジー伯の死を悼むトンボー   /S.L.ヴァイス

無伴奏チェロ組曲第4番ホ短調 全曲 BWV1010 /J.S.バッハ

ーアンコール曲ー
無伴奏チェロ組曲第6番より 二つのガボット、サラバンド /J.S.バッハ

セルシェルはグレーのスタンドカラーのシャツに、チャコールグレー(か黒?)のスーツで登場。
始めにご自身からひとこと。
「英語ですみません。日本語が上手でないので。日本語もっと勉強します。」「今回のリサイタルのテーマはSlowであり、Slow Life,Slow Food,why not'Slow Music'」と言っていました。

プログラムより

Img_0001_4

セルシェルの演奏はとにかくノイズが全くない美しい音です。
右手の位置もサウンドホールから大きくはずれることはなく、それでいて音質の変化はきちんと表現されていました。右指の使い方も音質によって使い分けていたようです。

ダウランドの5曲は続けて演奏されました。愛らしい曲を並べ、最後に哀愁漂う「涙のパヴァーヌ」です。過度な表現を避け、でもリュート曲の中にギター的な表現もいれて、しっとりとした演奏でした。

ビートルズナンバー、「ジャンク」はとても美しい曲なので是非聴いてみてください。
「エリナーリグビー」は個人的に大好きな曲。この日のプログラムの中で一番明るい曲でした。この2曲はセルシェル自身の編曲なので11弦をフルに活用してあり、低音の動きが魅力的でした。「ヒア・ゼア・…」は武満編曲のものでした。

無伴奏チェロ組曲2.4番、通常のギターではチェロの音域が出せないのでオクターブ上げる個所もあるのですが、11弦の場合はチェロと全て同じ音なのでしょうか?
全体に陶酔していたので気がついたら終わっていました。すばらしかったです。

アルヴォ・ペルト(1935~)はエストニア出身の作曲家。「アリーナのために」はピアノ曲がオリジナルとのこと。音数が少なくゆったりとした曲で、雨音のようなたいへんきれいな曲です。今後人気の出そうな曲です。

ヴァイスの「ロジー伯の…トンボー」はバロックのリュート曲です。悲しみを表した曲ですが重いというより清らかな演奏でした。

アンコールは大変聴きなじみのある2曲。
「二つのガボット」はチェロやヴァイオリンでもしばしば単独で取り上げられ、アンコールナンバーとしてもよく弾かれています。
個人的には「この曲はギターで弾くより擦弦楽器で弾くほうが良い」と思っていましたが、セルシェルの演奏を聴いて考えが変わりました。ギターでもすばらしい!
「サラバンド」は拍手を忘れてしまうほどでした。筆舌尽くしがたいので、ただただすばらしかった!のひとことです。

021_2 全体に、ゆったりとして静かな曲でも全く飽きることなく、純化された静謐な音楽でした。
ゆっくりな曲を途切れずに美しく演奏することは、速い曲を弾くより難しいかもしれません。
テクニックをひけらかすでもなく、長年のキャリア、実力があるからこその演奏でした。
この音楽がセルシェル自身という感じがしました。

おまけの写真…初雪・今朝は3センチほど積もりました。→

« ルネッサンス発表会 終わりました@すずの音ホール | トップページ | 12/4尾尻雅弘クラシカルギターコンサート 終わりました »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コンサート良かったようですね。
セルシェルのファンとして、羨ましいです。

イェランなのかイョランなのか、Oに上・・はどうやってキーボードで出すのか、わかりません。
とにかく、Hagiさんおすすめの、チェロ組曲のサラバンドがいかにすばらしいか納得しました。
わたしは「自分の葬式に流す曲リスト」があるのですが、サラバンドを加えておきます。
セルシェルの演奏は引き算の美学でした。いかに音を足そうかと言う若い人の演奏とは違い、本当に心が洗われました。もう悟りの域に達していますよね。すごい集中力も感じました。
本日の格言…集中力は消臭力より大切coldsweats01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1407229/43224277

この記事へのトラックバック一覧です: 11/30イョラン・セルシェル ギターリサイタル:

« ルネッサンス発表会 終わりました@すずの音ホール | トップページ | 12/4尾尻雅弘クラシカルギターコンサート 終わりました »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ