« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月28日 (日)

第3回ギタアンOB会 開催しました

2011.8.27(土)~28(日)、上田市信州国際音楽村にて第3回ギタアンOB会が行われました。
ギタアンはあちこちに存在するかと思いますが、このギタアンは長野県内のS大工学部とNK短大にかつてあった合同サークルのギターアンサンブルです。
前回の様子はこちらのブログで←

038   ここ音楽村には主ホールこだま、野外ステージのほか研修棟・宿泊棟、ほかに芝生広場やハーブ畑があります。
丘の上にあり、天気が良ければ北東に浅間山が見え、上田・塩田・丸子の町並みを見下ろせる素敵な場所です。
ルネッサンスの合宿もここで行っています。

午後1時過ぎより皆さん順次到着。
会場の第2研修室はすでに幹事のW夫妻によってセッティングされていました。ありがとうございました。
しばらくは再会を喜び合い、ギターをぼちぼちと持ち出して練習。

3時過ぎよりコンサートを行いました。

008ナベさんハギさん(SKE53) カルリ・ロンド  #完全にレパートリーとなっています
yayo-kao   ソル・エチュードop35-17 #セゴビア版練習曲6番のオブリガード付き
H子さんK子さん(BLK32)  涙そうそう   #32年ぶりにギターを持ったK子さん。しっかりとしたタッチで見事な演奏でしたscissors来年への期待も高まります。
Sさんハギさん    ソル・月光の2重奏(デ・ラ・マーサ版) #ゲストのSさん、ご出席いただきありがとうございました。
ナベさんハギさんyayoyayo(トリオ不良中年) 武満徹・不良少年  #全くのぶっつけ本番で単なる公開練習でした。申し訳ないです。
ナベさんハギさんT岡さん(善光寺平3重奏団) アイネクライネナハトムジーク第2楽章   #今回初出席のT岡さん、30年のブランクを感じさせません。現役時代はかなり強力な存在感のあったT岡さん、健在です!
O森さん ソル・メヌエット、ブローウェル・練習曲 #S大工学部弓道部出身のO森さん。今回はゲストでお出で頂き、熟練の腕をご披露頂きました。
W夫妻 ダッタン人の踊り・放課後の音楽室  #H子奥さんの演奏はきれい。どんどん弾いてくださいね。夫妻でギター演奏、いいですね!
T岡さん メルツ・愛の歌 #2週間の練習とは思えないメルツでした。素晴らしかったです。
Sさん ナルバエス・牛を見はれによる変奏、ヴィラロボス・前奏曲第3番、タレガ・タンゴ
#弾きまわし会でOB会のメンバーとも親交のある茅野市のSさん。意欲的にギターの練習をされています。頼もしい存在です。
030_2  ⑪全体合奏 パッヘルベル・カノン
かおりん タレガ・アラビア風奇想曲 #落ち着いて弾いていました。岩村教室発表会に向けて頑張れ!
yayoyayo(AKB841)ダウランド・涙のパバーヌ #図々しくも楽しく弾けました!
ハギさん バッハ・アリオーソ、フーガ #ハギさんは左手の動きがきれいです。難しくて、でもきれいな曲がハギさんは好きらしい…。
ナベさん スカルラッティ・ソナタ あんなに早く弾けません。あんなに大きな音で弾けません。
ナベさんハギさん ソル・アンクラージュマン #もう安心して聴けます。
全員合奏 涙のトッカータ #これを弾かないと閉められません。この曲の編曲者がT岡さんとは初めて知りました。

これでコンサートは終わり。途中休憩含めて3時間かかりました。
さてスペイン料理の壺屋でおいしいお食事。
042 035鶏肉の冷製バジルソースかけ
オニオングラタンスープ
野菜と豆のサラダ
エビのトマトチーズグラタン
ローストビーフのグレービーソースかけ
パエリヤ
アイス
コーヒー
食べすぎです。

部屋に帰ってお酒を飲むうちに演奏会も始まって…。

翌朝も壺屋で食事のあと解散。
幹事のWご夫妻、たいへんお世話になりました。

皆さん、また来年お会いしましょう!

001_2 003_2 040044_3 045 

041_2

2011年8月22日 (月)

8/21デビンスキ奏穂さんコンサート 行ってきました

2011.8.21(日)pm3:00よ)諏訪郡原村ペンション村「輪の舎リングリンクホール」にて
デビンスキ奏穂さんの一時帰国コンサートがあり行ってきました。

004 リングリンクホールは元テレ東アナウンンサー、小林節子さんが作られました。
幅は5mほどの細長いホールになっています。
なので演奏者の向かい側は2列のみ、横から聴く人のほうが多くなります。

1階は既に満席だったので吹き抜けになっているホールの2階正面に座りました。
真下を見下ろす感じですが、音は良く聴こえるし、指の動きもバッチリ見えます。

デビンスキ(唐沢)奏穂さんは諏訪の出身。
ギター講師のお父上の指導で幼少よりギターを始められ、高校生でGLC優勝など、
国内コンクールで活躍された後、ケルン大学に留学。佐々木忠氏に師事されました。

010 現在はドイツ・ボン近郊にお住まいでドイツ国家演奏者資格も取られ、
現地で子供たちへの指導とマンドリンとのアンサンブル指導もされているとのこと。
そんなドイツの様子や作曲者・曲の背景などの話を交えてのコンサートでした。

奏穂さんの演奏を聴くのは3回目。以前聴いたときにすっかりファンになりました。
今回聴いて、全くノイズのない音の美しさ・やわらかさがすばらしく、お手本にしたいギタリストと思いました。右手の弾弦の仕方が見ていても美しく、ていねいで女性らしい音。
ギターは人柄が現れますが、奏穂さんはやさしく実直な方なのでしょう。
艶のあるバランスのよい音色の楽器はカール・ハインツ・ルーミッヒ(松・白目のハカランダ)、変則調弦のコユンババの時は杉・ハカランダのフレタを使用されました。
ルーミッヒ、いいです!

Img_2 さてプログラムですが、今回は奏穂さんが好んで常に弾いている曲を中心に選曲されたとのこと。

リュートらしい響きを持つダ・ミラノのファンタジー、
お得意のポンセ組曲イ短調、
武満編曲のロンドンデリーの歌、
生の演奏を聴くのは初めて、ドメニコーニのコユンババ、

アルペジオが美しい浜辺の歌、
ソルの「小川の岸辺」による変奏曲、
有名なバリオスのフリオフロリダとワルツ4番、
タレガのアルハンブラの思い出、
ピアソラのロマンティコとコンパードレ
アンコールは禁じられた遊び

どの曲もメロディーを美しく歌わせ、曲の流れが美しいです。最後のピアソラ「ギターのための5つの小品」は今までの奏穂さんの選曲とは少し違うな、と思いましたが、なんとアウセル直伝とのこと。アウセルにも師事されているんですね。すごい!

007 最高においしいケーキと紅茶を頂いたような、そんな気分の午後でした。

←これは2階のサイドから。天井の高いホールです。

2011年8月21日 (日)

ルネッサンス業務連絡⑥

昨日の練習、お疲れ様でした。

110821_075401 今後の予定

9月3日(土)pm6:00から通常練習
(9/3 pm6:00より松川村内でクリスタルシンフォニーコンサートがあります。
 メンバー5人出席のため6:30過ぎより練習に参加します)

9月17日(土)pm6:00から通常練習

9月23・24日(金・土)上田市国際音楽村にて合宿、豊科am9:00集合予定。

*11月12日(土)夜、すずの音ホールにて益田正洋さんのコンサートがあります。
スペイン音楽と絵画の話を交えたコンサート(主催は中村ギター音楽院)
前売り3000円。
詳細後日。

music11月20日(日)ルネッサンス発表会の曲目を決めて下さい。
 合宿時にしっかり練習できるように用意してください。ソロでもOKです。      雨の中やっと開花の丈40センチのひまわり↑

2011年8月17日 (水)

多留姫の滝

ワタクシ的お盆休みも今日(8/17)が最後。
と言っても4日間の休みのうちゆっくりできたのは今日だけweep
今日は朝から何も気にせずにのんびり散歩にでかけました。

005_2  ここは茅野市泉野、柳川にある多留姫(たるひめ)の滝です。家から1.2キロほど。

多留姫は諏訪大神の末子だそうです。
詳しいことはよくわかりません。
また調べてみよう!!
ちなみに諏訪大神の母神は高志奴奈川姫です。(ヒスイおみくじのブログに書いてあります。)

木々がうっそうとしていて夏でも涼しい!
今朝はこんな景観を一人占めでした。

002 この付近一帯は「多留姫文学自然の里」となっていて川の北側にはたくさんの文学碑があります。

川の南側に多留姫神社があり、祠の横の道を通って小さな吊り橋を渡りながら滝を眺めます。
003
←多留姫神社

とても静かな山の中のように見ますが、実際には神社の上を新しい道路(多留姫大橋)が通っています。001_2        
(逆光で見えにくいcoldsweats01すみません!)  →

2011年8月11日 (木)

ヴィオラ140株生育中

110811_083801 だいぶ花が咲いてきました。

110811_084101_2 

毎年、入梅と同時にヴィオラの種をまきます。
今年は梅雨入りが早くて、ヴィオラの成長時期に気象条件が合ったようです。
例年になく順調に生育しました。
ヴィオラ・パンジーは根が壁に触っているほうがしっかりと育つので、成長に合わせて2回ほど植え替えをします。いきなり大きいポッドや鉢に移すと株が大きくなりません。

反対にサルビアやひまわりなどは小さい鉢だと成長が悪いので、プランターなど大きめの器に植え替えたほうが良いようです。

Dscf0218 ワインコルクがたまったのでミニ連杭を作りました。
かわいいものができました。(自画自賛)→→
ワインコルクの処分に困っている方、作ってみてはいかがですか?
もしくはワタシに恵んでください。
もう少し作りたいのでhappy01よろしくおねがいします。

2011年8月 5日 (金)

8/4蓼科高原みずなら音楽祭2011 行ってきました

「蓼科高原みずなら音楽祭2011 コバケンとその仲間たちオーケストラ 2011 in 蓼科」
Dscf0215 8月4日(木)茅野市民館で15:00より開催されました。

このコンサートは、2005年長野スペシャルオリンピック以来SOの啓蒙活動を続けていらしゃる細川佳代子さんの提唱のもと、コバケンこと指揮者の小林研一郎さん、奥様の桜子さんら趣旨に賛同した演奏者・協力者によるボランティアのバリアフリーコンサートです。

当日は知的障がい者100人が招待されました。
茅野市民館マルチホールは800席ですが満席。
このプログラムで3000円ならお得!と思って気楽に出かけたのですが、ものすごっく素敵なコンサートでした。
コバケンさんもオケのメンバーも全員が「がんばろう日本」のTシャツを着ての演奏です。オケの音も期待をはるかに超えるすばらしいもの。

ではプログラムに沿って感想を書き込みます。

①歌劇「アイーダ」より凱旋の行進曲 ヴェルディ 
有名な凱旋行進曲です。長さが1m30㎝近くあろうかという細長いアイーダトランペット6本が使われていました。吹くのが難しそう。
この曲と最後の「1812年」では地元4校の高校生14名が金管で参加しました。

Dscf0202_2 ②チゴイネルワイゼン サラサーテ
これも超有名な曲。ヴァイオリンソロはコンサートミストレスの瀬崎明日香さん。
完璧な演奏だったのでは。音も明瞭でブラボー!でした。

③ダニーボーイ イギリス民謡
わたしも大好きな曲です。ほっと一息な感じです。

④「ふるさと」 合唱…釜石高校音楽部
この秋に東北でのこのオケとの共演が決まっている釜石高校の女子高生11名の演奏。
ふるさとのピアノ伴奏はコバケンです。
楚々としたハーモニーにオケのメンバーも会場も涙している方が多かったです。
あとからのコバケンさんの話によると、出演の高校生の中にはご両親兄弟を亡くされた方もいらしたとのこと。
彼女たちはこの日、茅野から甲子園へと向かいました。

Dscf0206_2 ⑤交響曲第9番「新世界より」第4楽章 ドヴォルジャーク
この曲は西本智美さんの指揮のイメージが強いですね。
力強く生き生きとした演奏でした。

⑥パッサカリアより「夏祭り」 小林研一郎
コバケンさんの曲よりの一部でした。和太鼓がはいります。
演奏は和太鼓奏者友野龍士さんと信州玉川太鼓の8人。
相当練習したんだろうなあ、と思わせるしっかりとした演奏でした。
ウチの近くの公民館でいつもはタイヤ相手に叩いています。
玉川太鼓は人数も大勢います。
友野さんは知的障がい者ということでしたが、言われるまで気づきませんでした。
茅野市中に響き渡るような音でした。

⑦ピアノ協奏曲第23番イ短調 K.488 第二楽章 モーツァルト
演奏の前にコバケンさんが「震災で亡くなられたかたへ祈りを込めて」と話されての演奏。
久元さんの抑制された美しい演奏。CDなどではよく聴く有名な曲です。
ナマのオケとピアノはやっぱり良いですね。
久元さんはこの1曲だけなのでもったいない!もっと聴きたかったです。

Dscf0210_2 ⑧交響詩「フィンランディア」 シベリウス
圧政に苦しみながらも自由を勝ち得たフィンランド、それを感じて下さい、とのコバケンさんのコメントがありました。これも有名な曲ですね。

⑨歌劇「トゥーランドット」より 誰も寝てはならぬ
テノールが歌い上げる部分はトランペットソロでした。それもなかなか似合います。

⑩荘厳序曲「1812年」 チャイコフスキー
ところどころにナポレオンを象徴する「ラ・マルセーユズ」が使われています。最後にはロシアの勝利を祝って祝砲が鳴らされます。
この祝砲を友野さんの大太鼓で今回は現わしました。すばらしい1発でした。    最後スタンディングオベイションの様子です。→

オケのメンバーは海外で活躍中の方、長い間アマチュアで活躍している方、福島の方、視覚障害者の方、と多様な方々で構成されているようでしたが、よくまとまっていました。
炎のコバケン、と言われますが、実直で飾らず心の広い方という印象です。
皆さんまた来てくださいね。

感動のコンサートでブログが長くなってしまいました。お付き合い頂きありがとうございます。
考えれば、あまりに地元で茅野市民館の紹介をしていませんでした。
駅通路より直結していて2つのホール、3つの練習スタジオ、美術館、図書館があります。
ハッキリ言って、お金はかかっているけれど図書室以外は敷居が高くて使えません。
写真だけ載せておきます。

Dscf0199 Dscf0214 Dscf0212 Dscf0203

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ