« 洗足学園音大 夏の音楽祭 行ってきました | トップページ | ヴィオラ140株生育中 »

2011年8月 5日 (金)

8/4蓼科高原みずなら音楽祭2011 行ってきました

「蓼科高原みずなら音楽祭2011 コバケンとその仲間たちオーケストラ 2011 in 蓼科」
Dscf0215 8月4日(木)茅野市民館で15:00より開催されました。

このコンサートは、2005年長野スペシャルオリンピック以来SOの啓蒙活動を続けていらしゃる細川佳代子さんの提唱のもと、コバケンこと指揮者の小林研一郎さん、奥様の桜子さんら趣旨に賛同した演奏者・協力者によるボランティアのバリアフリーコンサートです。

当日は知的障がい者100人が招待されました。
茅野市民館マルチホールは800席ですが満席。
このプログラムで3000円ならお得!と思って気楽に出かけたのですが、ものすごっく素敵なコンサートでした。
コバケンさんもオケのメンバーも全員が「がんばろう日本」のTシャツを着ての演奏です。オケの音も期待をはるかに超えるすばらしいもの。

ではプログラムに沿って感想を書き込みます。

①歌劇「アイーダ」より凱旋の行進曲 ヴェルディ 
有名な凱旋行進曲です。長さが1m30㎝近くあろうかという細長いアイーダトランペット6本が使われていました。吹くのが難しそう。
この曲と最後の「1812年」では地元4校の高校生14名が金管で参加しました。

Dscf0202_2 ②チゴイネルワイゼン サラサーテ
これも超有名な曲。ヴァイオリンソロはコンサートミストレスの瀬崎明日香さん。
完璧な演奏だったのでは。音も明瞭でブラボー!でした。

③ダニーボーイ イギリス民謡
わたしも大好きな曲です。ほっと一息な感じです。

④「ふるさと」 合唱…釜石高校音楽部
この秋に東北でのこのオケとの共演が決まっている釜石高校の女子高生11名の演奏。
ふるさとのピアノ伴奏はコバケンです。
楚々としたハーモニーにオケのメンバーも会場も涙している方が多かったです。
あとからのコバケンさんの話によると、出演の高校生の中にはご両親兄弟を亡くされた方もいらしたとのこと。
彼女たちはこの日、茅野から甲子園へと向かいました。

Dscf0206_2 ⑤交響曲第9番「新世界より」第4楽章 ドヴォルジャーク
この曲は西本智美さんの指揮のイメージが強いですね。
力強く生き生きとした演奏でした。

⑥パッサカリアより「夏祭り」 小林研一郎
コバケンさんの曲よりの一部でした。和太鼓がはいります。
演奏は和太鼓奏者友野龍士さんと信州玉川太鼓の8人。
相当練習したんだろうなあ、と思わせるしっかりとした演奏でした。
ウチの近くの公民館でいつもはタイヤ相手に叩いています。
玉川太鼓は人数も大勢います。
友野さんは知的障がい者ということでしたが、言われるまで気づきませんでした。
茅野市中に響き渡るような音でした。

⑦ピアノ協奏曲第23番イ短調 K.488 第二楽章 モーツァルト
演奏の前にコバケンさんが「震災で亡くなられたかたへ祈りを込めて」と話されての演奏。
久元さんの抑制された美しい演奏。CDなどではよく聴く有名な曲です。
ナマのオケとピアノはやっぱり良いですね。
久元さんはこの1曲だけなのでもったいない!もっと聴きたかったです。

Dscf0210_2 ⑧交響詩「フィンランディア」 シベリウス
圧政に苦しみながらも自由を勝ち得たフィンランド、それを感じて下さい、とのコバケンさんのコメントがありました。これも有名な曲ですね。

⑨歌劇「トゥーランドット」より 誰も寝てはならぬ
テノールが歌い上げる部分はトランペットソロでした。それもなかなか似合います。

⑩荘厳序曲「1812年」 チャイコフスキー
ところどころにナポレオンを象徴する「ラ・マルセーユズ」が使われています。最後にはロシアの勝利を祝って祝砲が鳴らされます。
この祝砲を友野さんの大太鼓で今回は現わしました。すばらしい1発でした。    最後スタンディングオベイションの様子です。→

オケのメンバーは海外で活躍中の方、長い間アマチュアで活躍している方、福島の方、視覚障害者の方、と多様な方々で構成されているようでしたが、よくまとまっていました。
炎のコバケン、と言われますが、実直で飾らず心の広い方という印象です。
皆さんまた来てくださいね。

感動のコンサートでブログが長くなってしまいました。お付き合い頂きありがとうございます。
考えれば、あまりに地元で茅野市民館の紹介をしていませんでした。
駅通路より直結していて2つのホール、3つの練習スタジオ、美術館、図書館があります。
ハッキリ言って、お金はかかっているけれど図書室以外は敷居が高くて使えません。
写真だけ載せておきます。

Dscf0199 Dscf0214 Dscf0212 Dscf0203

« 洗足学園音大 夏の音楽祭 行ってきました | トップページ | ヴィオラ140株生育中 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

世界的な指揮者コバケンさんのコンサートが地元でしかもお安い値段で聞ける絶好のチャンスでしたね。感動が伝わってきました。新しくなったとはいえ地方のホール、音響とかは一流の方が満足できるものだったのでしょうか。気になるところです。ところで話は変わりますが、講座で一緒だった人でまだブログが続いている人で集まりませんかというお誘いをしているのですが、いかがでしょうか。八月は皆さん忙しいでしょうから、秋風が吹くころにどうでしょうか。考えておいてください。

木漏れ日さんへ、いいですねオフ会しましょう。土・日は留守がちなので平日ランチでもいかがでしょうか。
打ち合わせははメール送信機能からご連絡ください。→→

先ほどは、久々にお声が聞けてうれしかったです。
相変わらず、ステキな世界で活動されてますね。
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

まーちゃん、早速にブログ見ていただき、コメントも寄せていただいて本当にありがとう。
気持ちだけは昔と変わりませんが体がついていけませんdespair
今月末お会いすることを楽しみに。
まーちゃんのアドレスわかったのでメールしますね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1407229/41092899

この記事へのトラックバック一覧です: 8/4蓼科高原みずなら音楽祭2011 行ってきました:

« 洗足学園音大 夏の音楽祭 行ってきました | トップページ | ヴィオラ140株生育中 »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ