« コーヒー飲む人、シミ少なく~日経 | トップページ | 8/4蓼科高原みずなら音楽祭2011 行ってきました »

2011年7月31日 (日)

洗足学園音大 夏の音楽祭 行ってきました

7月29日(金)から31日(日)まで軽井沢大賀ホールで
「洗足学園音楽大学 夏の音楽祭2011 名手とともに」が行われました。

30日(土)は「鈴木大介とギターアンサンブル」というタイトルで
音大ギター科の学生・院生を中心にした<ギターアンサンブル>と弦楽器科の学生・院生との<ギターと弦楽の室内楽>のコンサートがあり、軽井沢に聴きに行ってきました。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪プログラム♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

Blog0198_3 ー1部ー
J.スパークス/アイルランド民謡メドレー  学生・院生11名+鈴木大介氏

A.ヴィヴァルディ/協奏曲ト長調 RV.532  学生・院生5名+鈴木大介氏

H.ヴィラ≂ロボス(R.ディアンス 編曲)/ブラジル風バッハ 第5番より アリア
                   学生・院生11名+鈴木大介氏、ヴァイオリンソロ(学生)

                                ホール横のあかねやの喫茶スペース→

ー2部ー
S.アサド/ジョビニアーナ第1番
A.ピアソラ/タンゴ組曲            鈴木大介氏、尾尻雅弘氏

W.A.モーツァルト(A.ロイエ編曲)/ギターとヴァイオリン・ヴィオラのための「魔笛」序曲 K620
G.ガーシュイン(尾尻雅弘編曲)/ギターとヴァイオリン・ヴィオラのための3つのプレリュード
                       尾尻雅弘氏、ヴァイオリン(院生)ヴィオラ(院生)

M.カステルヌオーヴォ≂テデスコ/ギターと弦楽四重奏のための五重奏曲op.143より
                      鈴木大介氏、弦楽四重奏
 
アンコール 田口悌治/トリロジー  学生・院生・尾尻氏・鈴木氏

1部では学生さんたちの後ろで楽しそうに弾いている鈴木氏が印象的でした。
通奏低音部を弾いていらっしゃいましたが、大介さんのギターの音がとても響いて聴こえました。
学生さんたちも「さすがギター科の皆さん」というしっかりとした弾き方をしていました。

2部は尾尻<師>鈴木<弟>の垂涎ものデュオ。実はこれが本邦初デュオと聞き驚きました。
難曲のアサド、ピアソラの曲を実に息ぴったりに、愉快そうに弾かれていました。
Blog0197_2 余裕ですね~。楽しくて仕方がない、という感じでした。
2台の音色もよく合っていました。
いいもの聴かせて頂きました!

2部後半はギターと弦楽のアンサンブルでしたが、とても良かったです。
今回はすべてナマ音でしたので、違和感なく聴けました。
ギターの豊かで明瞭な音(特に美しく聴こえるのが低音)と擦弦楽器の音がうまく絡み合っていました。
ギターの音の魅力が充分に発揮されていたように思いました。
ヴィオラの音も素敵ですね。                     セッティング中のホール→

楽しい演奏会でしたhappy01                   

« コーヒー飲む人、シミ少なく~日経 | トップページ | 8/4蓼科高原みずなら音楽祭2011 行ってきました »

クラシックギター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1407229/41026239

この記事へのトラックバック一覧です: 洗足学園音大 夏の音楽祭 行ってきました:

« コーヒー飲む人、シミ少なく~日経 | トップページ | 8/4蓼科高原みずなら音楽祭2011 行ってきました »

twitter

Twitter

ブログパーツ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ